マリンナビ沖縄

この記事は約8分で読めます。
マリンナビ沖縄

マリンナビ沖縄が紹介する沖縄観光情報。マリンナビ沖縄は、沖縄の観光スポットや食事処、おすすめのパワースポット、スピリチュアルな沖縄の魅力と、沖縄恩納村周辺のマリンアクティビティやスクーバダイビングなどをテーマにしています。

沖縄の魅力 パワースポットが点在する島

沖縄といえば、第1に南国リゾート地としての沖縄を思い浮かべることでしょう。

沖縄にはリゾートとしての華やかな面の他に、火の神、水の神、山の神、龍宮神(海の神)などの古くから信仰されている神が宿る御嶽と呼ばれる神聖なパワースポットが数多くあり、現在も聖地として地元の人々に大切に守られています。

御嶽は小さな神社

日本の本土では村ごとに神社がありますが、沖縄では村ごとに御嶽(うたき)と言われる拝所があり、本土の神社で行うような祭祀は御嶽で行われていました。

御嶽の中には、沖縄最高位の御嶽である斎場御嶽(せいふぁうたき)のように、最強のパワースポットが有名な観光地になったことで、神聖化された聖地とは少し違う、観光パワースポットになってしまったところもあります。

また現在沖縄で聖地と呼ばれている場所は王府が設定した物で、琉球古来からの聖地は意図的に隠蔽されていると言われます。

沖縄へ旅する時は有名な観光パワースポットだけではなく、沖縄本来のパワースポットへ足を延ばしてみると新しい発見があるでしょう。

おすすめナビ

新着記事

カテゴリー別の人気記事

沖縄の食事

恩納村 おすすめの食事処
88 対 ジャッキー テンダーロインステーキの食べ比べ
アップルパイが人気 南城市のチャーリーレストラン

沖縄の魅力 スクーバダイビング

沖縄のもうひとつの魅力はスクーバダイビングです。沖縄の海はとても綺麗な色をしています。

沖縄の海が青く見えるのは、白いサンゴの砂、遠浅の海、黒潮海流でプランクトンが少ない、大きな川が少なく土砂や有機物が流されてくることが少ないので海の水が汚れないことが要因です。

そして場所により微妙に違う色あいは、恩納ブルー、慶良間ブルー、波照間ブルー、宮古ブルーなどと呼ばれます。

水深が深いほど濃い青色に見えるので、よく晴れた夏の日で海水の透明度が高い時には、とても色鮮やかな海を見ることができるでしょう。

そんな日は海の中も別世界です。潜ると30m以上先まで見渡すことができます。

新着記事

カテゴリー別の人気記事

ダイビングに必要なダイビング器材と購入順序
ダイビングで使うタンクには2種類の材質がある
10歳から取得できるジュニアのダイビング・ライセンス
ダイビングに持って安心のダイビングアクセサリ
ダイビングでのブリーフィングはダイビングを楽しむ近道

恩納村は沖縄の西海岸リゾート

マリンナビ沖縄

沖縄の恩納村は、沖縄本島中央の西海岸に位置し、東シナ海の海岸沿いを走る国道58号線沿いには、大規模リゾートホテルが立ち並んでおり、沖縄を代表する西海岸リゾートです。最近でもハイアットリージェンシー瀬良垣やハワイで100年以上の歴史あるハレクラニ沖縄がオープンしています。

恩納村周辺では、美しい恩納ブルーの海とビーチ、マリンアクティビティやマリンレジャーはもとより、琉球村、御菓子御殿、万座毛、青の洞窟、山田温泉、真栄田岬、残波岬などがあり、国内外から年間350万人が訪れる大人気のレジャー&観光のエリアです。恩納村に宿泊すれば、沖縄本島南部、沖縄本島北部への観光にも便利です。

恩納村周辺に点在する世界屈指のダイビングスポット

スクーバダイビングでは、青の洞窟や真栄田岬、万座ドリームホールなど、日本屈指の透明度を誇るダイビングスポットが点在し、約200種類のサンゴ礁、海底洞窟などのダイナミックな地形、白い砂地が続く遠浅の海、ジンベエザメ、ザトウクジラ、イルカ、イソマグロ、ギンガメアジ、ウミガメ、ネムリブカなどの大物、クマノミ、ハゼ、ウミウシなどの生物を見ることができます。

ウミガメも1種類ではなく、アオウミガメ、べっ甲ガメ、運が良ければガメラのモデルになったアカウミガメを見ることができるでしょう。

また恩納村からは、沖縄本島北部にある瀬底島、伊江島、水納島などの離島ダイビングスポットへのアクセスも便利です。

海外のダイバーによると、沖縄には世界でも有数のダイビングポイントがあるのに、何故日本人は海外にダイビングをするために来るのかが不思議だそうです。「ハワイよりも沖縄の方が綺麗だよ」と言ってました。

恩納村万座周辺のポイントは、地形や砂地のポイントや潮の流れの速いポイントなどがあり、初級者から上級者まで、いろいろなタイプのダイビングを楽しむことができるのです。万座で潜れれば海外のポイントで潜ってもスムーズに潜れることでしょう。

海人の船長によると、海外などでダイビングの回数を重ねた自信満々の強者が万座で潜れなかった、ということが意外と良くあるそうです。

白い砂と青い海が広がる南国リゾート恩納村のビーチ

万座ビーチ

manza-beach

万座毛の向かい側にあるANA万座インターコンチネンタルホテルのビーチで、環境省選定の「快水浴場百選」では沖縄県内で3ヶ所しかない「特選」にも選ばれている。

ダイヤモンドビーチ

diamond-beach

紅芋タルトで有名な御菓子御殿の大きな店舗の裏手に広がっている、ダイヤモンドビーチ。店舗の右手横の階段を降りていくとアダンの脇を通って砂浜に出られる。

ナビービーチ

onna--beach

万座ビーチと万座毛の間の湾に位置し、波は穏やかで真っ白な砂浜が広がっている。恩納海浜公園内にある万座毛を望む西海岸を代表する村営のビーチ。

おすすめのマリンレジャー

スノーケリング

マリンナビ沖縄

「美しい沖縄の海を満喫したい!」という方におすすめなのがスノーケリングです。小さなお子様でも、お父さんやお母さんと一緒に水中世界を楽しめます。

ダイビングのように重い器材を使って水中に潜るのではなく、水中メガネ、スノーケル、フィンの3点セットをつけ、ウェットスーツ&ライフジャケットを着て、水面に浮かびながら水中世界を満喫できます。ガイドスタッフが誘導と安全確保を行ってくれるので安心です。

恩納ブルーの海で、綺麗な熱帯魚たちに餌をあげましょう。透明度がとても高い沖縄の海は、水底に落ちた光の陰影が、色彩鮮やかな熱帯魚やサンゴを、より幻想的に浮かび上がらせます。

沖縄の海を手軽に体験する事が出来るスノーケリング。子供から大人まで幅広く楽しむ事が出来る、おすすめのマリンレジャーです。

体験ダイビング

マリンナビ沖縄

「スノーケルは水面に浮いているから大丈夫だけど、ダイビングは難しそうだから無理かも。」と思っていませんか?

まずは、ダイビングのライセンスが必要ない、浅い深度の体験ダイビングで水中体験をおすすめします。

水中でも普通に呼吸ができるので、「まったく泳げないけれどダイビングはできる!」と言う人は結構たくさんいるのです。

体験ダイビングでは、インストラクターがダイビングのコツをレクチャーしてくれた後、しっかり付き添ってくれるので怖がることはありません。

ファンダイビング

マリンナビ沖縄

自由に海の中を楽しみたいと思った方におすすめなのはファンダイビングです。

体験ダイビングでは、インストラクターが寄り添ってくれており自由度はありませんが、ファンダイビングではパディと一緒に自由に水中遊泳を楽しめます。

ファンダイビングに参加するにはスクーバダイビングのライセンスが必要です。

ライセンス取得にあたり、ダイビングの知識、潜り方、トラブルへの対応などを2日から3日の講習でマスターするので、安全に楽しく潜れるようになります。