新型コロナによる沖縄のホテル・観光施設の休業情報

沖縄 宮城島と2つの神の島が一直線上に並ぶ龍神風道

この記事は約4分で読めます。
龍神風道

沖縄の宮城島には、龍神風道(りゅうじんふうどう)という、「2つの神の島である浜比嘉島と久高島が一直線に並び龍神が通る道」と言われる、最強パワースポットがあります。

宮城島の龍神巡りの目的地は、この龍神風道です。

スポンサーリンク

宮城島のパワースポット

前回の伊計島から始まった龍神巡りの旅。

宮城島の龍神巡りの合間に観光スポットも廻ってゆきたいと思います。

宮城島のパワースポットは、塩を精製する「ぬちまーす観光製塩ファクトリ」の敷地内に集中しており、ぬちうなー敷地内には、果風バンタ(かふうばんた)、三天御座(みてぃんうざ)、龍神風道(りゅうじんふうどう)があります。

山の上にあるシヌグ堂バンタを経由してぬちうなー敷地に向かいます。

スポンサーリンク

シヌグ堂バンタ

シヌグ堂バンタ

シヌグ堂バンタ(しぬぐどうばんた)は、龍神巡りとは関係ありませんが寄ってみました。シヌグ堂バンタは絶景ポイントとのことです。

パンダ、パンダと言っていたらバンタでした。

まあ、家族も気がついていないので良いことにしましょう。

バンタとは沖縄の方言で崖(がけ)という意味らしいです。

景色は絶景とまではいきませんが綺麗です。

シヌグ堂バンタにある碑文

この付近の地名をシヌグ堂という。一郭には、宮城島(高離島)の先住の民たちが暮らしたシヌグ堂遺跡がある。この地に高離節という琉球古典音曲と共に伝わる琉歌の碑を建てることとなった。
歌の作者は、近世沖縄の和文学者として名高い平敷屋朝敏の妻・真亀(まがめ=1700~1739年)と伝わる。

タカハナリジマヤ ムヌシラシドゥクル ナムヌシヤビタン ワタチタボリ(音表記)
真亀は、夫・朝敏が王府によって処刑されたことに伴い、士族の身分を追われて農民へと落とされた。王都首里から下り下って、真亀が宮城島と結びついたのは奇遇としかないけれど、私たちはこの不思議な縁を大切にしたいと考えた。

1700年代の沖縄。時勢は暗くまさに激流のごとくであったと言うべきである。貧しい中で接してくれた島の人々。
そのムヌシラシに対する感謝の念と、海の向こうにワタッテ、イキタイ切なる願い!

ナ、ムヌシヤビタンと悟ってはみても、人の母胎たる〈故郷〉への思いだけは遂に消し去ることは出来なかったのである。
文学と政治と島と農民たち。真亀と、島の先人たちの辛苦の時代を解きほぐしながら、高離節の軽やかなテンポに合せて沖縄の明るい未来について一考を巡らしてみるもよし。

この歌碑が、一名〈もの知らせの碑〉として永く後世に語り継がれることを念願する。
2002年8月11日「高離節」歌碑建立期成会

スポンサーリンク

果報バンタ(カフウバンタ)

果報バンタ(カフウバンタ)

バンタ繋がりで、果報バンタにも来ました。果報バンタは、「幸せ岬」として人気の絶景&パワースポットです。

シヌグ堂バンタは山の上でしたが、こちらは海の近くでとても気持ちが良いところです。夏の晴れた日はエメラルドグリーンがとても綺麗に見えることでしょう。

宮城島には、塩を精製するぬちまーす観光製塩ファクトリがあり、果報バンタはその敷地内にあります。そしてこの敷地は「ぬちうなー(命の)」と呼ばれ、ここで作られている塩が「ぬちまーす(命の塩)」です。

果報バンタには、久高島、津堅島、浜比嘉島の神が揃って降り立ったという伝説が残っています。

果報バンタの果報とは良い出来事、幸運を意味します。この場所で地上のあらゆる悩みも琉球三神が浄化し、昇天させてくれると信じられています。

三天御座(みてぃんうざ)

三天御座(みてぃんうざ)

三天御座はぬちうなーの敷地内の建物と反対側の小高い丘にある鍾乳洞です。
天、地、海(龍宮神)沖縄の3つの神様が三天御座に集まると言われ、ここから敷地内のあらゆる場所へエネルギーが流れるとされています。

龍神風道(りゅうじんふうどう)

龍神風道(りゅうじんふうどう)

龍神風道には、ときどき強い風が通り抜けます。そのような時は龍神が通っているかのような雰囲気が漂います。とてもパワーを感じるスポットです。

龍神風道の木々の間から見える島は、浜比嘉島(はまひがじま)と久高島(くだかじま)です。龍神風道は、浜比嘉島と久高島が一直線にならぶ龍の通り道と言われます。

龍神風道の案内板

2009年5月、ぬちうなー安全祈願のお祓いをお願いした際、
神主さんから、「近くにとても強いエネルギーを感じます」と教えて頂きました。

ぬちうなー敷地内で最初に発見され、最もエネルギーの通りが良いパワースポットです。
沖縄では海の神様は龍宮神です。その龍宮神のエネルギーが、龍神風道(りゅうじんふうどう)

を入り口として、末広がりにぬちうなー敷地内に入ってきます。
ここから木々の合間を通してやや右方向には、宮城島のお隣で

神様(シルミキヨ、アマミキヨ)に縁のある浜比嘉島、その先に沖縄の聖なる島といわれる
久高島が一直線上に並びます。

特に心と体の健康、元気になりたい方、病後の方、新しい何かに挑戦される方
人生をパワーアップしたい方に最適なスポットです。
この心地よい風を感じ、エネルギーのお福分けをいただいて下さい。

ここで1つの龍の勾玉を手に入れることができました。合計で3つです。

これから平安座島を通り、神の島である浜比嘉島へ渡ります。

コメント