龍神祝詞は龍神とのご縁を結び願望を実現する祝詞

この記事は約2分で読めます。
龍神
龍神

沖縄の龍宮や龍神について調べている時にふと目に留まった龍神祝詞(りゅうじんのりと)。

神社で龍神に祈りを捧げるための祝詞があるのです。

龍神祝詞とは、神社本庁が作成・管理している正式な祝詞ではありませんが、歴史があり、「神道大祓全集 龍神祝詞 」という書物の中に、神職の方が日々唱える祝詞とともに載っています。

龍神祝詞

龍神祝詞
龍神祝詞

龍神祝詞の起源は不明ですが、日本には龍神に雨乞い祈願をして御神威を授かったという龍神信仰の伝説が多々あり、龍神を御祭神として祀っている神社が数多くあります。

龍神祝詞は龍神とのご縁を結び、願望を実現するための古神道の祝詞です。龍神系の神社へ参拝した際、神前で唱えるとよいそうです。

龍神祝詞(りゅうじんのりと)

龍神祝詞【現代語訳】

アマテラスオオミカミたちが住んでおられる高天原には龍神様もおられます。
天地に働きをかける龍神様は大宇宙根元のお使いであらせられ、大宇宙のあらゆるものを支配し、一切を手掛ける王のような神でございます。
十種の御寶(アマテラスオオミカミの孫であるニニギノミコトが天降りの際、主に授けられたもの)に姿を変え、神羅万象を自由自在に操って治められている龍神様に真心で六根(人間の五感に第六感とも呼べる意識の根本を加えたもの)一途にお仕えいたします。
浅短なる人々の心に注意を与えていただき、生命あるすべてのものの罪や穢れの衣を脱がしていただきますよう、また、宇宙のあらゆるものの病や災いをも清め、神羅万象をお治めくださいますようお願い差し上げます。
なお、龍神様にお願いを差し上げる理由をここに申し上げます。私が六根で思う大きな願いを成就させていただきますよう、恐れ多いのですがこの通り申し上げます。

龍神祝詞のダウンロード

コメント