2016-02

ダイビングショップ

ダイビング料金はショップ毎に異なるので細かくチェック

沖縄恩納村のダイビングショップのダイビング料金を見ていると、決まった料金というものがあるのではなく、ダイビングショップによりバラバラだということがわかります。ダイビングの料金体系がどのようになっているのかを見てゆきます。
ファンダイビング

ダイビングのログ付けで活性化するコミュニケーション

ダイビングを終えた後に、ダイバーがその日の記録をダイビングログブックに残すことをログ付けといいます。ログ付けは、ただ単にログの内容を充実させることだけではなく、ログ付けによりダイバー同士のコミュニケーションを活性させる意図もあります。
ダイビング器材

ダイビングに必要なダイビング器材と購入順序

ダイビング器材を全部揃えるとなると高額になるので、誰もが初めから全ての器材を購入できるわけではありません。どれくらいの頻度のダイビングをするかによって器材購入のタイミングは変わってきます。
ファンダイビング

ダイビングでのブリーフィングはダイビングを楽しむ近道

ブリーフィングがわかればダイビングがより楽しく ブリーフィングは、今から行うダイビングに関する注意点や、潜るポイントの見どころなどの情報がもらえる、ダイビング前のアナウンスです。 ただひたすらガイドの後について潜るだけでも楽しいでしょう。
ダイビング器材

ダイビングに持って安心のダイビングアクセサリー

一般にダイビングアクセサリーと呼ばれる小物類は、毎回使うわけではありませんが私たちのダイビングライフを陰ながら支えてくれます。 水中ライト 水中ライトは、ナイトダイビングや沈船ダイビングなどに使う特別なアクセサリーではありません。
ファンダイビング

ボートダイビングでとるべき行動とは

ボートダイビングでのマナー 乗り合いのボートの場合、他のグループと一緒になりますが、「自分たちだけ良ければいい」ではなく、「船に乗っているみんなで楽しく」という気持ちが大切です。
ダイビングライセンス

安全なエンリッチド・エアを使ったダイビングを体験

ダイビングの安全性をより高めてくれる存在として注目されているのが「エンリッチド・エア」で、日本でも扱うショップが増えてきています。
ダイビングライセンス

ダイビングライセンスを取得すると「PADI 50周年記念デザインCカード」

1966年にアメリカ・シカゴで誕生したPADIは、2016年に設立50周年を迎えます。 50周年を記念して、「PADI 50周年記念デザインCカード」が2016年限定で発行されます。
ダイビングライセンス

10歳から取得できるジュニアのダイビング・ライセンス

ジュニア・オープンウォーター・ライセンスは10歳から取得できます。ジュニアのライセンスは、成人と同じ達成ベースでの認定になります。子供が10歳になれば、家族で一緒にオープンウォーターのライセンス講習を受けて、ライセンスを取得できるのです。
ダイビング器材

ダイビングコンピューターを使った安全ダイビング

ダイブコンピューターは通称ダイコンの名で親しまれ、安全なダイビングには無くてはならない存在となりました。
error:Content is protected !!