10歳から取得できるジュニアのダイビング・ライセンス

diving-family

スポンサーリンク

ジュニアのダイビング・ライセンス

ジュニア・オープンウォーター・ライセンスは10歳から取得できます。

10~11歳のジュニア・ダイバーは、親、保護者、またはPADIプロフェッショナルと一緒という制限付きで、最大深度12メートルまで潜ることができます。12~14歳は、成人の認定ダイバーと一緒にダイビングしなければならないという制限が付きます。

規準に特別な定めのない限り、深度制限を除いて、すべてのコースの必要条件がジュニア・ダイバーにも適用され、成人と同じ達成ベースでの認定になります。

子供が10歳になれば、家族で一緒にオープンウォーターのライセンス講習を受けて、ライセンスを取得できるのです。

ジュニア・ライセンスは、15歳になると申請するだけで同一ランクの成人のダイバー認定にアップグレードしてくれるので、成人になってからライセンスを取り直す必要はありません。

ジュニア・ダイバーの深度制限

10~11歳

深度:最大12メートル
認定後:親、保護者、またはPADIプロフェッショナルと一緒に最大深度12メートルまで

12~14歳

深度:ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバーは最大18メートル、継続教育は最大21メートルまで
認定後:成人の認定ダイバーと一緒でなければならない

ジュニア・ダイバー認定からのアップグレード

認定カードに有効期限はなく、ジュニア・ダイバー認定を受けたダイバーは、15歳以上になればいつでも、申請するだけで同一ランクの成人のダイバー認定にアップグレードしてダイビングを楽しめます。

同一ランクの成人認定へアップグレード

  • ジュニア・スクーバ・ダイバー → PADIスクーバ・ダイバー
  • ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー → オープン・ウォーター・ダイバー
  • ジュニア・アドベンチャー・ダイバー → アドベンチャー・ダイバー
  • ジュニア・アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー → アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
  • ジュニア・レスキュー・ダイバー → レスキュー・ダイバー

参加前条件を満たす上のランクの講習を受け、成人のダイバー認定を受ける

ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー認定を受けていれば、15歳以上になると、それを参加前条件として、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースを受講し、成人ダイバーの認定を受けることが可能です。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!