ダイビングライセンスを取得するとできること

diving-deep

スポンサーリンク

水中を潜れる深さが変わる

体験ダイビングでは、最大深度が12メートルまでに制限されています。これは、水深が深くなることで、気圧の変化により起こるさまざまなリスクがあるからです。

減圧症や肺の過膨張障害など、適切な行動ができないと命に係わる障害を負うリスクもあります。

ダイビングライセンスの講習では、これらのリスクを学び、避けることができるスキルを身に付けるのです。取得したライセンスにより最大深度が決まっていますが、最大で40メートルまでの海に潜る事が出来るようになります。

ダイビングライセンスを取得すると、体験ダイビングでは行く事の出来ない、深い海に潜る事が出来るようになります。

水中を自由自在に泳ぐことが出来る

体験ダイビングでは、常時インストラクターの手が届くところにいないといけません。体験ダイビングは、まだ潜ったことがない方のためのサービスなので、簡単な説明だけで体験出来るメリットがあります。しかし、トラブルの対応をインストラクターが行うため、水中での自由度が奪われ自由に泳ぐことは出来ません。

また、中世浮力等の水中遊泳のテクニックも無いため、水中で体のコントロールが難しく自由度は低くなります。

ダイビングライセンスを取得すると、水中を自由に移動するためのテクニックが身に付き、水中散歩を楽しむことができます。

色々なコンディションの海に行ける

体験ダイビングができる海のコンディションは、波や流れがなく穏やかで、昼間の海に限定されることから、潜れるポイントもダイビングポイントのごく一部のみになります。

「夜の海」「水中洞窟」「流れがある海」には、非常に魅力的なダイビングポイントが世界中に点在しています。

ダイビングライセンスを取得すると、ランクと経験によってさまざまな海に潜れるようになります。

より安全にダイビングが楽しめる

ダイビングの最も危険なことは、水圧が掛かる事によって起こる圧外傷などです。

ダイビングライセンスを取得すると、ダイビング特有の危険を理解する事ができます。危険を理解する事が出来れば、より安全なダイビングが可能になるます。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!