恩納村 前兼久魚港の片隅にある龍宮神

この記事は約2分で読めます。
前兼久龍宮神

前兼久には竜宮の島がありますが、その近くの前兼久漁港の片隅には龍宮神の祠が置かれています。
竜宮の島の拝所へ行ったときには全く気がつきませんでしたが、龍宮神の祠から竜宮の島へは目と鼻の先です。

前兼久漁港の龍宮神

龍宮神
龍宮神

恩納村にある竜宮の島に寄ろうと車を走らせていると、ふと祠が視界に入りました。祠の表に回ってみると龍宮神が祀られています。何回も通っているのに初めて気が付きました。

でも何か違和感を感じます。

今までに行ったことがある恩納村の竜宮神は、すべて「竜」でしたが、前兼久魚港にある祠には「龍宮神」とあります。

「竜」と「龍」の違いは、「旧字体か新字体かの違いで、村ごとには統一されているのかと思っていた」のですが、それも違うようですね。そして竜宮の島近くの龍宮神。

どうやら竜宮の島とは別のようです。

前兼久のお正月には、こちらの龍宮神に前兼久の一家の主を中心とした年長者が集まって、海の幸の豊漁を祈願するそうです。

前兼久
イチグスク方面

祠の向かい側にはイチグスクがあり、その向こうに見えるのはホテルムーンビーチです。
龍宮神の祠は前兼久公民館の横にありますが、イチグスクのあたりに龍神様がおられます。

しかし残念なことにイチグスク前の水路には、何故かフライパンや鍋が無数に廃棄されていました。

村火の神

前兼久港
村火の神

龍宮神の左には、村火の神が祀られています。