ダイビングのログ付けで活性化するコミュニケーション

diving-log

スポンサーリンク

ログ付けとは

スクーバダイビングを終えた後に、ダイバーがその日の記録をログブックに残すことをログ付けといいます。

潜水本数、年月日、場所、天気、気温、風力/風向、透明度/透視度、潜水開始時刻/浮上時刻、最大水深/平均水深、水温、使用器材、ウェイト数など、その日のダイビングのコンディションや、見た魚や生物とその習性、潜水コース、感想と反省などを記録するものです。そして、ガイドやバディ、同じグループのダイバー等にサインしてもらいます。

ログはダイビング履歴の証明

ログは上位ライセンス取得時に必要となる

ログは自分のダイビング履歴を証明するもので、ダイビングライフの大切な記録になります。また、上位のライセンスを取得するときには必要ですから、ちゃんと記録していかないといけません。

ログに記録する項目

これを書かなければいけないという決まりはありませんが、潜水本数、潜った日時、ダイビングポイント、天気、気温、透明度、潜水開始時刻、潜水時間、最大水深、水温、使用器材、ウェイト数などは記録した方が良いでしょう。そして、水中で見た生物や、そのダイビングの感想などを書いておけば、どんなダイビングであったかを思い起こせます。

ショップにより違うログ付けのやり方

ショップの中には、海洋生物の図鑑を見ながら1時間以上のログ付けをやるところもあれば、コンディションなどを記載したメモを渡すだけのショップもあります。このように、ログ付けのやり方はショップごとに異なります。

ログ付けでコミュニケーション

ログ付けは、ただ単にログの内容を充実させることだけではなく、ログ付けによりダイバー同士のコミュニケーションを活性させる意図もあります。

ダイバー同士のコミュニケーションが生まれれば、ファンダイビングも楽しくなります。そして、ダイバー同士が誘いあうことで、そのショップのリピータとなるのです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!