ノンジャンル一覧

Maintenanceの外来語表記はメーンテナンス

ある日、歯医者へ行ったところ、「半年に一度は歯のMaintenanceを受けましょう。」というポスターが目に入る。その「Maintenance」文字の上には、「メーンテナンス」と子供用にフリガナが書かれている。これは外来語と呼ばれるカタカナ表記である。

マニュアル社会が生んだ高齢者クレーマー

もう20年ほど前の話、社会はマニュアル化に向かって進んでいた。 理由は簡単だ、作業をひとりだけができるのではなく、同じことをみんなができるようにということだ。 仕事のやり方も、先輩の姿を見ながら覚えていくスタイルから、マニュアルを見ることに変わっていった。 そして、仕事はマニュアルに沿って行われるようになった。

スマホ販売とシステム販売の意外な共通点

もはやITは仕事やプライベートの両面で不可欠なツールである。 IT機器を使っていると、さまざまなトラブルに遭遇する。 たとえば、パソコンが壊れた、ネットワークに繋がらなくなった、バックアップ機のハードディスクが壊れた、サーバのハードディスクが壊れたなどである。

弁護士も仕事だから所詮お金のためなんでしょ

弁護士のバッチの持つ意味 向日葵(ひまわり)の16枚の花弁の中央部にエジプト神話マアトの「真実の羽根」との重さを比較する「天秤」の絵を配置している。 向日葵は「自由と正義」を、秤は「公正と平等」を意味しており、弁護士は「自由と正義」、「公正と平等」を追求するということが表現されているらしい。

error: Content is protected !!