車の購入でお得なのはハイブリット車orガソリン車

車のリースを検討にあたって勉強になったことがある。

コンパクトカーのある車種にはハイブリット車と、ガソリン車のモデルがある。

ハイブリット車の値引き後の見積りは248万、ガソリン車の見積りは210万であった。

車種のグレードは同じでオプションも同じである。

スポンサーリンク

ハイブリット車がガソリン車より高い理由

オプションは同じであるが、ハイブリット車はガソリン車より40万ほど高い金額に設定されている。

これは、ハイブリット車のバッテリーが40万ほどと高いためである。

つまり、ハイブリット車では、もし電池が故障することになると、修理には40万が必要になるリスクがあるということだ。

値引きが少ないハイブリット車

ハイブリット車の方が仕入れ値が高いため、ディスカウントは控えめだ。

総額が200万円程度の車で、ハイブリット車の本体の割引相場は15万~20万ほど、同じタイプのガソリン車の本体の割引相場は15万~25万ほどである。

値引きについてはガソリン車が少し多い。

オプションについては、どちらでも最大5万円の値引きが提案された。

リースにするとガソリン車が高くなる矛盾

ハイブリット車とガソリン車は、40万円も差があるのだから、210万のガソリン車の方が当然リース料が安くなるに違いない。

そう思った私は、リースの見積りを取り寄せてみた。

依頼したのは、ディーラー系のリース会社である。

リースの見積りは、

ハイブリット車 月々39,000円

ガソリン車   月々40,000円

という結果になった。

残高設定には気を付けろ

リース料が逆転する理由は、最近はやりの残価設定にあった。

残価設定タイプは、リース返却時の残価をあらかじめ決め、差し引いた金額でリース料を算出するものだ。

しかし、ディーラーは、今後はハイブリット車を売ってゆきたいという想いがあるので、ディーラー系のリース会社はハイブリット車の残高設定を高く見積もる傾向がある。

新車の5年リースでの残高設定は、30%程度となるが、実際の残価についてはクローズ化されているメーカーもあり、5年経過後の残価がわからないこともある。

でも普通に考えて、トータル金額が40万も低いガソリン車の方がリース料が高くなることについては疑問を感じる。

それは、今はまだハイブリット車が改良されてきた段階であり、技術がまだ定着化していないことがあげられる。なのに、ハイブリット車が残価設定で優位なことは、ディーラー&ディーラー系のリース会社が、ハイブリット車の方を売りたいという思惑なのだろう。

ディーラー系でないリース会社の見積り

ディーラー系でないリース会社の見積りは、

ガソリン車   月々37,000円

という結果になった。

月々3,000の違いは5年リースで18万になる。大きな違いだ。

そのリース会社に聞いて見ると、やはり同じような答えが返って来た。

  • ハイブリット車については、最新技術が開発されているがまだ実績があるわけではない。
  • いくら燃費がよくても40万のもとを取るには10年が必要になり、5年程度ではガソリン車がお得である。
  • ディーラー&ディーラー系のリース会社が、ハイブリット車の方を売ってゆきたいという戦略なのだろう。ディーラーのサイトを見ても、販売人気車種はハイブリット車が1位になっている。
  • ある車種では中古のハイブリット車が増えすぎて残価がつかないものもある。

少しでも車を安くリースする方法

少しでも車を安くリースするには。

ディーラーから見積もりをもらい、ディーラーとは関係ないリース会社にリースの見積りを依頼することだ。

今日の学び

「ディーラー系のリース会社はハイブリットの方がお得に見える仕組み。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!