事故一覧

交通事故に遭った時に困らないための基礎知識

世の中には、交通事故を一度も起こしたことがない、または一度も交通事故に遭ったことがないという人もいることだろう。 ある日突然交通事故に遭遇すると、何をどうして良いのか、どうなってゆくのかという不安に駆られるかもしれない。 いざという時のために、交通事故に遭遇した時に困らないための知識を持っておこう。

交通事故で保険会社と対等に渡り合うためのポイント

交通事故に遭った時、相手と直接示談交渉を行うことはあまりないだろう。普通の人は任意保険に加入しており、任意保険会社が示談交渉を代行することになる。保険会社の担当者は、いわば交通事故の示談交渉に関するプロである。対等に渡り合うためには、それなりの心構えが必要になる。

保険会社との示談交渉ではどのように進めるべきか

今回は保険会社との示談交渉でどのようにすれば良いのかを被害者の立場から見てみたい。相手の保険会社は、ラッキーなことに私も契約している保険会社だった。でも、今回の事故では10:0は明らかなので、こちらの保険を使う必要はないので事故報告は上げていない。保険会社はネット保険会社ではない。業界シェア1位の保険会社である。

物損事故でもその場で警察を呼ばないと当て逃げになる

県内では物損事故と人身事故を合わせて1日に200件程度の交通事故が発生していると習ったのが昨日の免許更新講習時のことである。そして、そのあくる日に社有車で物損事故にあった。 事故は軽微な物損事故。でも、その場で警察へ通報しておかないと当て逃げになり取り返しのつかないことになる。

error: Content is protected !!