1回払いで支払い月を変える JCBのスキップ払い

ショッピングスキップ

JCBの新たな支払い方法「ショッピングスキップ払い」サービスが2016年5月中旬より開始されています。

スポンサーリンク

後からリボ・分割払いとの違いは

リボ払い

予め設定した毎月一定の元金に、手数料を加えて支払う。

分割払い

利用金額と手数料の合計を、自分で決めた回数に分けて支払う。

ショッピングスキップ払い

「ショッピングスキップ払い」が「後からリボ・分割」と違う点は、ショッピング1回払いの利用を、本来の支払い月+1~6ヶ月先に先延ばしして、一括で支払うことができることです。

例えば、5万円の買い物をした場合で考えると。

リボで毎月の支払コースを5千円とした場合、他に買い物をしても、毎月の支払額は5千円になります。
分割で10回払いにすると、月々の支払い金額は5千円となりリボと同じです。しかし、他にも5万円の買い物を10回の分割払いにすると、その分割払い分は加算されることになり月々の支払い金額は1万円になります。分割にすると分割払いの買い物をした金額が加算されて請求されるのに対し、リボは毎月の金額が変わりません。

これに対して、ショッピングスキップ払いは、5万円の買い物の支払いを最大6ヶ月先に延ばし、一括で支払うことになりますが、通常の一括支払いとは異なり、手数料(月利=1.25%)が必要になります。

ボーナス一括払いとの違いは

この他の支払方法として、ボーナス払いという7月や12月などの決められた月に一括で支払う方法もありますが、「ショッピングスキップ支払い」との違いは何でしょうか。

  • 1回払い→ショッピングスキップ払いに切り替える:手数料が発生する
  • 最初からボーナス1回払い:手数料は発生しない

ボーナス1回払いを利用すれば、支払月は決められてしまいますが手数料は発生しないので、初めからボーナス払いを選択するほうがよいと思います。

ポイントは支払い月の変更ができて一括払いが可能

JCBによると、「自分のタイミングで支払いたい」「毎月ではなく、一括で支払いたい」というお客様のご要望を踏まえ、新たなサービスとして支払い月の変更ができ、一括払いが可能な「ショッピングスキップ払い」を導入とのことです。

簡単に言うと、「リボと分割」と「ボーナス一括」のちょうど間の支払方法を選択できるということですが、支払計画は購入前にしっかり立てて、適切なサービスを利用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!