JCB プラチナカードがついに誕生



スポンサーリンク

JCB ORIGINAL SERIESに JCBプラチナ が追加

JCB プラチナカードの登場により、最上位カードのJCB THE CLASSの下位カードに位置づけられることになります。

年会費は25,000円は、他のブランドのプラチナカードに比べてかなり低めの設定になっています。

JCB ORIGINAL SERIESのカードランク(上位→下位)

  • JCB THE CLASS(ザ・クラス)
  • JCB PLATINUM(プラチナ)
  • JCB GOLD THE PREMIER(ゴールド・ザ・プレミア)
  • JCB GOLD(ゴールド)
  • JCB CARD(一般カード)

付帯サービスはJCB THE CLASS並み

旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)は、国内海外とも最高1億円、ショッピングガード保険も国内海外とも最高500万となり、これは国内最高水準になります。

また、世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できるサービスのプライオリティパスが、本会員のみ利用できます。

インターネットからの申し込みが可能

JCB プラチナカードは、インターネットからの申し込みが可能となっていますが、JCB GOLD THE PREMIER(ゴールド・ザ・プレミア)の取得条件である2年間継続して100万円の利用実績を考えると、JCB プラチナの取得は更に難しそうです。

ゴールド→プレミア→JCB プラチナとステップアップすることが取得への近道でしょう。

JCB THE CLASSの取得は更に難しく

JCB THE CLASSは招待制のカードなので、ゴールド→プレミア→JCB THE CLASSとステップアップしていかないと取得できませんでした。

JCB プラチナカードが加わることで、ゴールド→プレミア→JCB プラチナ→JCB THE CLASSとステップアップしなければならず、JCB THE CLASSの取得が更に難しくなったことになります。

JCB THE CLASSはJCBのブラックカードに

JCB プラチナカードの登場まで、JCB THE CLASSはJCBの最上位カードという定義でした。

これまではJCB THE CLASSが、プラチナカードなのかブラックカードなのかについて意見が分かれるところでしたが、これからはJCBのブラックカードという位置づけになるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!