AMEX 富裕層向けの定番カード

credit-amex
 

スポンサーリンク

国際ブランド・自社発行・解放カード発行

アメリカン・エキスプレスは、元々は運送業としてスタートした会社の国際ブランド。アメリカ発の国際ブランドです。国際ブランドとしての決済機構でありながら、アメリカンエキスプレス社の日本法人において、自社でも国際ブランドAmexが付いたクレジットカードを発行していますので、JCBと似ていますが、違う点は、FCでの発行は無いという点です。

富裕層御用達

アメリカンエキスプレス社による自社発行のクレジットカードは、完全に富裕層向けと認識されています。 もともとアメックスは、T&E(トラベル&エンターテインメント)カードとして、顧客が満足できるサービスを重視して発展してきました。 T&Eに強く、ワンランク上のサービスを受けることができるカードです。

グリーンとゴールドは手が届く

昔は、アメリカン・エキスプレス・カードは、グリーンカードでも他社のゴールド相当と言われていました。現在は、普通の銀行系一般カードと同じ程度の取得難易度です。きちんと働いていて安定収入があれば、取得は難しくありません。 昔、富と権力の象徴でもあったゴールドも取得しやすくなりました。 プラチナカードも、最近はインビテーションの話をよく聞きますが、プラチナの年会費を簡単に支払えるほどでないと、使いこなせないカードです。

ブラックフェイスの最上位カード、アメックス・センチュリオン

センチュリオンは、非常に希少性があり、取得が非常に困難なカードと言われています。

加盟店数は少ない?

日本では、Diners Clubと同様に加盟店数はあまり多くはありません。一昔前は、使える店が少ないとよく話題になりましが、現在では、JCBと加盟店開放契約をしているので、JCBが使えるところでは普通に利用できるようになりました。ただし、全てのJCB加盟店で利用できる訳ではありません。 特に海外ではJCBやDiners Clubよりも取り扱い高も多く、アメリカでは特に使えます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!