クレジットカードのステータス比較

クレジットカードのステータスとは?

ステータス(status)という言葉は、「社会的地位や身分、またはそれを表すもの」をさします。 クレジットカードのステータスカードは、年会費が高く、一定の収入があり社会的地位が無いと取得できないようなクレジットカードを指しています。

ステータスカードは、付帯されるサービスも多く、また利用限度額も高いため、クレジットカード会社の厳しい審査を通過しないと取得できません。しかし、下位のクレジットカードを継続利用することで、個人の信用力が向上して取得できます。

 

世界で通用するゴールドカードのステータス

shutterstock_289807175

ステータスカードの定義

ステータスカードについては明確な定義があるわけではありません。通常は、ゴールドカード以上のクレジットカードが分類されます。

世界では、ゴールドカードは高ステータスのカードになります、しかし、日本は世界の中で所得水準が高いので、一定の収入がある社会人であれば容易に取得できるステータスカードです。

ゴールドカードより上のクラスのステータスカードは、現実的にはプラチナカードです。そのほとんどは招待制をとっていますので、なかなか簡単に取得できないカードになっています。

ステータスカードを持つ意味はあるのか

結論から言うと、クレジットカードにステータスがあるかどうかを感じるのは、人それぞれの価値観です。
例えば、その人のステータスを表わす他の物を考えてみると、時計、洋服、バック、車などが思い浮かびますが、それをステータスと感じるかどうかも人それぞれなのです。きっと、価値観が同じ人たちにとっては、クレジットカードはステータスとなりうるでしょう。

しかし、ステータスカードは、時計、洋服、バック、車などのように、お金を支払えば取得できるという物ではありません。ステータスカードは、それまで自分が培ってきた信用の力でしか取得できないのです。

ある日突然、ステータスカードを手に入れようとしても、誰もが簡単に取得できる訳ではありませんので、社会生活において、その人のステータスを表わすひとつのツールに成り得ます。

 

上位カードほどステータスが高く取得も困難

credit-cards

ステータスカードは高い信用の証であることを意識しなければならない

クレジットカードは、その名のとおり「信用カード」であり、その時に所持金がなくても「カードを所持している信用」で決済することが出来ます。クレジットカードは、目に見えないあなたの信用力を表すのです。クレジットカードは信用の証、ステータスカードは高い信用の証です。

クレジットカードの種類には、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードがありますが、上位になればなるほど「高いステータスがある」ことを客観的に証明できます。

ステータスの高いクレジットカードを持つには、クレジットカード発行会社の厳しい審査を受けなくてはならず、また、ステータスに相応しいサービスを受けるための、年会費を支払う金銭的余裕も必要だからです。

世界が認める高ステータスカード

日本においても、世界が認めるステータスカードといえば、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブが有名です。

海外で、クレジットカードといえば、毎月「最低支払額」以上を支払えばよい「リボルビングカード」を指し、VISAやMasterCardがこれに分類されます。カード利用全額を翌月一括払いすることを原則とするアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは、「チャージカード 」という種類に分類されます。

チャージカードは、カードホルダーの資産状況に応じて、利用限度額が設定されるため、一律の利用限度額は設けられていません。チャージカードホルダーは、カード利用全額を翌月一括払いできる余裕があるので、富裕層とみなされます。

この分類の違いにより、チャージカードであるアメリカン・エキスプレス・カードとダイナースクラブカードの海外におけるステータスの高さは、VISA、MasterCard、JCBブランドのゴールドカードとは比べものになりません。

VISA、MasterCard、JCBブランドの場合、プラチナカードでようやくダイナースクラブカードおよびアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと同クラスのステータスカードとして認識されるのです。

スポンサーリンク

ステータスカード取得の道しるべ

credit-score

取得したいステータスカードの下位カードをメインカードにする

まず、取得したいステータスカードを決めましょう。そしてステータスカードの下位のクレジットカードをメインカードにします。

クレジットカードが同じブランドであっても、ステータスカードと同じ系列の下位カードでないと、利用実績として見てもらえないことがあるので気をつけましょう。

例えば、三井住友VISAプラチナカードが欲しい場合、プラチナカードの下位カードである、三井住友VISAゴールドカードや三井住友VISAカード(一般)をメインカードにして利用実績を積んでいきます。

新しく利用実績を作っていく場合は、通常は、一番下位のクレジットカードを申し込んで、上位カードに順番にランクアップする方法が良いでしょう。もし、既に充分なクレヒスや年収がある場合は、ゴールドカードを新規で申し込んでも取得できるでしょう。

クレジットヒストリーを磨く

クレジットカードの接触頻度を上げることがステータスカードへの近道となります。

クレジットカードを少額でも日常的に使う

高額な買い物や高級料理店などでクレジットカードを使うだけではなく、コンビニやスーパーなどの少額の買い物はもちろん、光熱費・電話料金といった公共料金もクレジットカードで支払うようにしましょう。利用額と回数が多いほど良質なクレジットヒストリーを構築することができます。

絶対に延滞をしない

支払いの遅延は絶対にしてはいけません。

どんなに良質なクレジットヒストリーを作成していても、延滞することで、信用の全てが台無しになってしまいます。

支払い遅延を繰り返したり、2か月以上の延滞をすると信用情報機関に記載されてしまい、クレジットカードを強制解約されるばかりか、新規のクレジットカードも作れなくなってしまいます。

リボ払いや分割払いを多用しない

リボ払いや分割払いが複数あると、カード会社からお金に困っている顧客だと判断される恐れがあります。

クレジットカードのリボ枠は、使っていなくても、それだけ借入をしていることになります。複数のクレジットカードのリボ枠合計が、年収の1/3以下にする必要があります。

月々の支払いを計画的に行うためのこつは、リボ枠は使わないなら0にすることと、現金支出と同じに考え、決済は高額なもの以外は分割せず全て一括で購入することです。

 

ステータスカードの真のおすすめとは

shutterstock_217868887

ステータスカードを考えるなら、おすすめはプロパーカードです。 プロパーカードは、クレジット発行会社が直接発行しているカードですので、提携カードにはないオリジナル特典を受けることができます。また、一般カードからゴールドカード、ゴールドカードからプラチナカードへとカードの利用実績によりランクアップの招待を受けることができます。 メインクレジットカードの1枚はプロパーカードがおすすめです。最終的に取得したいステータスカードを目指して、下位のプロパーカードを取得して、ステップアップしましょう。

おすすめの一般ステータスカードを比較

ステータス発祥の1枚!

americanexpresscard
アメリカン・エキスプレス・カード

日本ブランド初めの1枚!

jcb-ippan
JCB一般カード

初めの人の定番カード!

v_classic

三井住友VISAカード

 

自分のステータスにふさわしいカードを持つ

shutterstock_87452822

一口にクレジットカードと言っても、発行会社、カード会員の特典、カード会員のランク、カードの年会費、ポイントによる還元率、マイルの還元率、付帯する保険などのさまざまな要素があり、それぞれのカードに特徴があります。まずは、クレジットカードを作ることで、何に使いたいか?、どんなサービスを受けたいか?を考えてみましょう。例えば、「旅行に良く行くので、宿泊の特典が欲しい」、「カードの旅行保険だけでまかないたい」、「飛行機を良く利用するので、マイルをためたい」、「毎月家族で食事に行くので、グルメの特典が欲しい」、「自分のステータスにふさわしいカードを持ちたい」など、自分のこだわる点で選びましょう。

おすすめのゴールドステータスカードを比較

憧れのステータスカード!

amex-gold
アメリカンエキスプレス・ゴールド

プラチナ級ステータス!

diners-club
ダイナースクラブカード

プレミアムへの登竜門!

jcb-gold
JCBゴールドカード

信頼のステータス!

Visa_Gold

三井住友VISAゴールドカード

スポンサーリンク

36

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/05/28

error: Content is protected !!