ANAカード

ANAカード

ANAカードは、全日本空輸グループが複数のカード発行会社と提携し、ANAマイレージクラブの会員に向けて提供するクレジットカードです。最も効率的にANAマイルがためられるクレジットカードとして人気があります。JCB/VISA/マスターカード/アメックス/ダイナースクラブ/中国銀聯カードの6大国際ブランド全てが選べるのも特徴です。

 

 

スポンサーリンク

ANAカードのラインナップ

 ana-diners 
 ANAダイナースカード 
 ANAカード+ダイナースクラブカード

 

ana-amex-premiumana-jcb-premium
ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアムANA JCBカードプレミアム

ANAカード+アメリカン・エキスプレス・プラチナ

ANAカード+JCBプラチナ 

ana-visa-premiumana-diners-premium
ANA VISAプラチナプレミアムANA ダイナースプレミアム

ANAカード+VISAプラチナ

ANAカード+ダイナースプレミアム

原則として発行会社からのご招待

 ANAカードの特徴

6大ブランドから選べるANAカード

ANAカードの国際ブランドには、JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナースクラブカード、中国銀聯カードがあります。

ANAのマイル移行手数料オプションで還元率UP

ANAカードは、通常、1,000円で1ポイント=5マイルがたまります。別途、「マイル移行手数料」を払うことで1ポイント=10マイルたまります。

ANAカードでは、マイル移行手数料付で、マイルを効率良くためましょう。

1ポイントが1マイル以上になるANAカード

ANAダイナースカードとANAアメリカン・エキスプレス・カードは、100円=1ポイント=1マイル以上です。

ANAカードのプラチナカードは1ポイント1.5マイル以上

ANA JCBプレミアム、ANA VISAプレミアム、ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム、ANA ダイナースプレミアムは、100円=1ポイント=1.5マイル以上です。

ANAカードはマイル移行料と年会費を合わせて考えるとマイルがお得

ANAカードには、学生向け、一般向け、法人向けなど、いろいろな種類があり、手数料や年会費にも差があります。また、国際ブランドによって使える電子マネーも違います。ANAマイルを効率良くためるのであれば、マイル移行手数料を含めて考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!