東京オリンピックで活性化するクレジット業界

credit-Olympic

スポンサーリンク

クレジットカード決済がさらに活発に!

インターネットでのクレジットカードでの電子決済は随分前から行われていますが、近年のスマートフォンの普及により、クレジットカードでの電子決済が活発になっています。 さらには、2020年には東京オリンピック開催も決まり、経済産業省から、2020年東京オリンピックに向けた各種の政策が発表されています。外国人観光客誘致には、外国人の持つクレジットカードが利用出来るインフラ整備が急務だと、日本政府も取り組みを開始しているのです。 その政策の1つに「キャッシュレス化に向けた方策」があります。内閣と関係する省庁全ての「内閣官房・金融庁・消費者庁・経済産業省・国土交通省・観光庁」が連盟で2014年12月26日に発表されています。

訪日外国人向けの利便性向上等

1.クレジットカード等使用可能店舗での表示促進

2.海外発行クレジットカード等での現金引き出しが可能な ATM の普及

3.地方商店街や観光地等でのクレジットカード等決済端末の導入促進

4.海外発行クレジットカード等での交通系カードの利用環境の整備

5.百貨店における面前決済の一般化

クレジットカード等を安全に利用できる環境整備

1.クレジットカード決済システムの乱用防止(悪質な加盟店の排除等)

2.クレジットカード番号や個人情報管理等のセキュリティー対策強化

3.クレジットカード及びクレジットカード決済端末の IC 化並びに、POS 端末を含むキャッシュレス決済端末のセキュリティー仕様の標準化

4.消費者教育の充実によるキャッシュレス決済の適切な使い方に関する理解の増進

公的分野の効率性向上の観点からの電子決済の利用拡大

1.公的納付金の電子納付の一層の普及

2.官公庁におけるクレジットカード決済による費用対効果に優れた調達の促進

以上が方策の中心となっていて、大規模なインフラ整備と、カード決済時の取扱い手順が大きく変わる内容となっているのです。 数年後には、日本でも「クレジットカード払いが常識」という世の中になっているかもしれません。

日本もクレジット大国に仲間入り

このように、2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人の観光客を誘致するには、外国人の持つクレジットカードが利用できるインフラ整備が急務だと、日本政府も「キャッシュレス化に向けた取り組み」を開始しています。電子マネーの普及により、日常の生活でクレジットカードを使うことが多くなりましたが、今後は、ますますクレジットカードが便利に使える時代になってゆくことでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!