年会費無料ではないクレジットカードを持つ理由

credit-platinum

スポンサーリンク

クレジットカードで違う付帯サービス

クレジットカードにはさまざまな付帯サービスがあり、また、発行会社や会員ランクにより受けられる付帯サービスは異なります。 その中で、ほとんどのクレジットカードには保険が付帯されています。保険と聞くと旅行保険を思い浮かべるかもしれませんが、他にもいろいろな保険があります。しかし、これらの保険には付帯条件が付いているものもあるのでよく理解しておく必要があります。

保険適用には付帯条件の違いを注意する

クレジットカードの付帯条件には、利用付帯と自動付帯の2種類があります。 利用付帯の場合は、クレジットカードを利用しておくことが保険の適用条件となります。 自動付帯の場合は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されるので、特に何も考える必要はありません。

クレジットカード付帯保険の種類と内容

付帯される保険の主な種類には下記のものがあります。

国内・海外航空機遅延保険

国内外の航空便を利用の際、出航遅延や乗継遅延により生じた宿泊・飲食代や、預けた手荷物が遅延・紛失した場合の衣類購入費等が補償されます。航空機遅延保険に加入していれば、それら臨時出費費用が一定金額まで補償されます。 海外旅行では自動付帯、国内旅行では利用付帯のクレジットカードや、海外旅行と国内旅行ともに自動付帯のクレジットカードがあります。

国内・海外旅行傷害保険

国内旅行や海外旅行時に適用される保険で、旅先でのケガや病気で病院にかかったり、物を壊したり、人を傷つけてしまった時の補償と、ご自身やご家族が死亡した時の補償をしてくれる保険です。国内旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードは少なく、また、付帯されていても利用付帯が多いです。 旅行前や旅行中にクレジットカードを利用しておくことが保険の適用条件となります。つまり、バス、タクシー、電車、船舶、飛行機などの料金の支払いをクレジットカード支払いすることで保険が適用されます。 ステータスカードには、家族会員でなくても家族特約が付いているクレジットカードもあるので安心です。反対に、年会費無料のクレジットカードには、海外旅行傷害保険も付帯していないこともあります。

ショッピング保険

ショッピング保険は、クレジットカードで買った物が盗まれたり、壊れたり時に補償される保険です。但し、何でも適用されるのではなく、適用となる商品や状況などに条件があるので注意が必要です。ゴールドカード以上のステータスカードには利用付帯されています。

盗難・紛失保険

盗難・紛失保険は全てのクレジットカードにおいて自動付帯されています。

日本国内でも安心のJCBカード

クレジットカードの付帯保険を比較してみると、カードランクでの補償金額は横並びですが付帯条件はさまざまです。 日本国内旅行傷害保険で自動付帯が付いているのは、日本発のクレジットカードであるJCBカードです。

ステータスカードは補償も充実

ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードを持っていれば、国内旅行や国外旅行でも最高水準の保険を付帯することができて、家族の保険も賄うことができるので、個別に旅行保険を考える必要はありません。また、付帯条件も自動付帯となるので安心です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!