水泳選手になって水泳大会に出場するにはどうすればよいか

swim

水泳選手として水泳大会に出場するためにはどうすればいいのか。また、水泳選手になるとどんな費用がかかるのかについてまとめてみたい。

スポンサーリンク

水泳選手登録をすることで水泳大会に出場できる

各都道府県の水泳連盟(協会)に選手登録をすれば水泳選手として各種の大会に出場できる。

第1所属と第2所属

選手登録は2つの団体に同時に所属できることになっている。

第1所属は学校の水泳部へ所属、第2所属はスイミングスクールやクラブに所属することだ。

上記のどちらか1つの団体に所属しても、どちらにも所属しても問題はない。

大会には、所属している団体から出場申請することができる。

第2所属となるスイミングスクールに所属することは簡単だが、第1所属となる学校の所属については少し難しい、それは通っている学校が水泳部として団体登録していないと競技申請ができないのだ。

第1所属では、水泳部があり在籍して選手登録を毎年更新すれば、少なくとも大学を卒業するまで水泳選手として活躍することができる。

第1所属、第2所属のどちらかに所属していれば、県内で行われるほとんどの大会にエントリーが可能になる。

社会人になると、第2所属しかなくなる。

水泳選手が出場できる水泳大会はランク分けされている

しかし水泳選手登録をすればどの大会でもエントリーできるわけではない。出場できる大会は、年齢と泳法と距離毎に設定された標準記録を突破しているかで決まる。

誰でもエントリーできる大会から始まり、水泳資格級が5級以上の水泳選手のみの大会や、最高峰では日本の代表選手のみが出場できる大会などがある。

上位の大会に出場するには、大会ごとに設けられた年齢毎の標準記録をクリアする必要があるのだ。

大会標準記録については日本水泳連盟のサイトを見ると良いだろう。

公益財団法人日本水泳連盟の公式サイトです。国内・国際大会の詳細や競技に関する情報、連盟の取り組み等を公開しています。

水泳選手登録までの道のり

学校が団体登録をしていれば、簡単に大会に選手として出場できる。

水泳クラブから水泳大会に選手として出場するためには育成コースや選手コースに入らなければならない。

通常の水泳クラブのクラスは、初級コース、中級コース、上級コース、ジュニア育成コース、育成コース、選手コースのように分かれており、選手登録を許されるのは育成コース以上だろう。つまり、育成コースに上がることができなければ、クラブ選手として選手登録をしてもらえないことになる。

育成コースに上がるためには、クラブ内で独自に決められている標準記録を突破して、コーチに推薦してもらわなければならない。

そして、育成コースから選手コースに上がる時にもやはりクラブ内で独自に決められている標準記録を突破して、コーチに推薦してもらわなければならない。

育成・選手コースでは、標準記録を突破すれば出場できる大会が増えてゆく。

育成・選手コースの特典

初級コース、中級コース、上級コースなどは週に1、2回の練習で6,000円程度の会費であるが、育成コース以上になると週に6日練習で10,000程度の会費となる。

費用は高くなるが、毎日泳ぐことができるのは育成コース以上の特典だ。その外にも、練習水着やキャップ、バックはクラブ指定品ではなく、自分の好きな物を使うことができる。

また、練習時間も長くなることでしっかりと泳ぎこみができる。

育成・選手コースでかかる費用

下級コースと違い、育成・選手コースになるといろいろな費用が発生するようになる。

パドルやフィンなどの練習用品

パドルやフィンを使った練習メニューが始まる。

いろいろなメーカーからパドルやフィンが出されているが、クラブやコーチにより指定品があるので、自分が気に入ったものを勝手に使うと怒られることだろう。

水泳クラブのユニフォーム

大会出場用に水泳クラブのジャージ、Tシャツ、トレーナーなどを揃えないといけない。

大会用の競泳水着

大会着用の競泳水着はFINA承認モデルでないといけない。

多くの水着素材は、ポリエステルとポリウレタンという2種類の繊維で編まれている。プールの消毒剤として使われている塩素でポリウレタンが劣化し、伸縮性が衰えてたるんでくる、生地が薄くなる、色あせるといった状態になる。

選手用の競泳水着は3回くらい着れば塩素による劣化で着用効果が薄くなると言われるので買い替える必要があるだろう。

トップ選手は水着は1回の着用で終わりというくらいだ。大会での役目を終えた競泳水着は、大会前の調整用や練習用に格下げして使えばよい。

値段は数千円から数万円のものまでいろいろある。高価な競泳水着は軽くて撥水性があり、締め付けることで筋肉の動きをサポートしてくれるためタイムアップに繋がる。

高価な水着ほど体を締め付けるため着用できる時間は1時間位だろう。大会に出場してエントリー種目が終わる毎に新しい水着に着替えることになる。たとえば、3種目エントリーすると3着の水着を用意する必要がある。

クラブロゴが入った大会用の競泳水着(着替え用も必要)やキャップが必要だが、出場する大会によってはクラブのロゴが入ったものは禁止である大会もある。このため、ロゴが入っていない水着も何着か別途用意する必要があるだろう。

練習用水着

練習用の水着は、ポリウレタンが入っていない「練習用」として売られている安価なものがあり、塩素による劣化に強く長持ちする。

だが、大会用の競泳水着と比べて体を覆う部分が少なく感覚が違うため、大会でも着用できるFINA承認モデルの安価な水着がおすすめだ。

但し、ポリウレタンが入っているので塩素による劣化のため1か月程で生地のつなぎ目から薄くなる。

選手登録費

競技者登録の有効期間は、毎年4月1日から翌年3月31日までになる。毎年の更新が必要である。

大会参加費

大会や出場する種目単位に参加料が必要になる。大会プログラムは別途購入しないといけない。その他、クラブ引率で会場に行く場合は交通費や管理費が必要になる。

全国規模のクラブであると、クラブの中での交流試合がある。クラブ引率で会場に行く場合は交通費や管理費が必要になる。

合宿費

上級コースになると、クラブごとに年に何回か開催される強化合宿に参加することになる。参加にあたっては、管理費、交通費、宿泊費、食費が必要になる。

水泳選手はお金がかかるスポーツ

スポーツごとにかかる費用の上位は「水泳」、「サッカー」、「テニス」、「野球」、「バスケットボール」があげられる。

サッカー・野球などは道具代やユニフォームの初期費用がかかるが、競泳水着の買い替えの頻度の方が高く、トップシーズンでは開催される大会も多く、遠征も増えることからだろう。

今日の学び

「水着&キャップ&ゴーグルで泳ぐ水泳が、実は水泳はお金がかかるスポーツランキングの1位である。」



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!