Windows10 ESENTイベントID455のエラーの対処 | 南国気分

Windows10 ESENTイベントID455のエラーの対処

この記事は約2分で読めます。
南国気分

Windows10のイベントビューアーを開いたところ、イベントID:455のエラーが大量に記録されていました。このエラーは、Windows 10 v1903 へアップデートしてから記録されているみたいです。

このイベントID455のエラーが記録されないように設定しましょう。

イベントログの重大エラー

ログ ファイルC:\WINDOWS\system32\config\systemprofile\AppData\Local\TileDataLayer\Database\EDB.log を開いているときに、エラー -1023 (0xfffffc01) が発生しました。

PCのローカルストレージを調査すると以下のパス部分は存在しませんでした。

\TileDataLayer\Database\EDB.log

[イベントID455] はWindowsシステムが何かをログファイル EDB.log に記録しようとして失敗したことを知らせているようです。

イベントログに455のエラーが出ないようにする

スタートメニューを右クリックして、管理者権限で windows PowerShellを開きましょう。下記のコマンドを打って、 \TileDataLayer\Database ディレクトリーを作成してしまいましょう。

mkdir C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\TileDataLayer\Database

これでイベントID455のエラーは記録されなくなります。