水泳

水泳

水泳選手の息子におくる我が家流の夏合宿はダイビング

水泳選手として頑張ることに決めた息子に送る我が家流の恒例合宿はダイビングだ。水泳と水中を潜るダイビングは違うスポーツである。リフレッシュするという目的もあるが、ダイビングをやることが水泳の練習にも生きてくると思っている。
2019.03.17
水泳

水泳選手はすべてを犠牲にして練習しないといけないのか

今日のテーマは、「水泳選手は、決して休まず水泳の練習に来ないと選手失格なのか、水泳以外のことをすると選手失格なのか」という素朴な疑問である。
2019.03.17
水泳

水泳クラブで集団意識が芽生えたと喜ぶ母親には悪いけど

通常、どの水泳クラブでも集団行動や同じチームとしての意識を要求される。個人競技ではあるが、遠征に行ったり合宿に行ったりすると、統制がとれないと困る。そして、下級コースの選手が、上級コースの選手に敬意を払えるクラブは、見ていてもすがすがしいものだ。
2019.06.28
水泳

水泳クラブでコーチとえせコーチのバトルが勃発

水泳クラブの保護者の中には、「私はコーチ経験者だ」と自慢して、本物コーチに物申す者がいる。彼の子供は選手コースにいるので無下にもできない。水泳コーチという職業も大変だ。
2019.06.15
水泳

パドルやフィンを使った練習はいつから始めればよいのか

あるクラブでは、パドルを使う練習はジュニア育成コース以上であり、フィンを使う練習は選手コースからと決まっている。しかし、中にはジュニア育成の段階からパドル&フィンを使う練習をするクラブもある。
2019.03.17
水泳

水泳選手コースの練習中に繰り広げられる親のバトル

子供が早く泳いでタイムを出すことができれば親も嬉しいものだ。 どこの水泳クラブでも、選手コースで子供が練習しているとき、わが子自慢をする母親グループの声が聞こえてくる。 夢は大きい方が良い わが子が早い自慢大会 子供が少しでも良いタイムを出すと、どんどん夢が膨らんでゆく。
2019.05.06
水泳

TEMPO TRANER PRO (テンポトレーナー)を使ったストローク練習

TEMPO TRANER PRO(テンポトレーナー)は、指定された時間間隔に合わせてビープ音を発信するシンプルなメトロノームだ。クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの全ストロークに使用でき、トレーニングの効率化とパフォーマンス向上に役立つ。
2019.06.15
水泳

水泳クラブの育成・選手コースでタイムが伸び悩むクラブの特徴

水泳クラブの育成・選手コースに上がればどんどん早くなるものではない。育成・選手コースでタイムが伸び悩むクラブには理由がある。実際の経験から考えてみたい。
2019.03.17
水泳

水泳クラブの育成・選手コースで早くなるには

水泳のクラブは、本科コース、ジュニア育成コース、育成コース、選手コースというように、泳力などによって細かくコースが分かれている。 どのようなクラブで練習すればベストタイムを更新し、いづれはオリンピック選手に育つことができるのだろうか。
2019.03.17
水泳

ストロークメーカー NEOでストロークを上達させるゴムの付け方

水泳クラブの育成コース以上で練習でよく利用されている水泳用品にストロークメーカーNEOのパドルがあげられる。このパドルは4泳法のすべてで使えて、理想的なフォームを身につけることができる。
2019.03.17
水泳

水泳クラブで練習に使っている上達に欠かせない最適なフィンモデル

フィンを使用して練習を続けると、水を蹴る感覚やスピード感覚、足首の柔軟性や脚の筋力などが高まります。 脚の付け根から太ももを動かすように四種目ともキックをします。 脚ー腰ー腹はつながっているので、キックの上下幅のバランスが良くなると腰と腹が必要以上に反らなくなります。
2019.03.17
水泳

ストロークメーカー NEO #2 パドルの仕様が変わる

ストロークメーカー NEOは、キャッチもプッシュも丁寧にでき、それによりローリングやリカバリーもきれいになり、体幹の筋肉を鍛えることができる、ということで練習に使っているクラブが多いパドルです。
2019.03.17
error:Content is protected !!