教師が聖職と言われた時代は終わった

南国気分

スポンサーリンク

夏休みの10kgダイエット

20年位前、洋子(仮名)が小学校に入学した時の担任の話。

洋子は、生まれた時から身体が大きく、かなり太めの子ではあった。

ある日、担任から、

「お母さん、何を食べさせたらあんなに太るのか?」

と電話がかかってきた。

当時の体格は、身長120cm、体重35kgって感じ。

外食はせず、毎日必ずご飯を作っていたので、

「手作りの食事を食べさせています」

と答えた。

電話の次は、小学校に呼び出され。

「夏休みが終わるまでには、10kgは、痩せさせると約束しろ!」

と言われる。

更に、

「学校の給食は6年生の配食係に話して、量をみんなの半分にします。おかわりはさせないの

で、お母さんからもしっかり話してほしい」

とも言われる。

夏休みに10cmは身長を伸ばしなさい

初めは黙って聞いていたが、さすがに腹が立ってきた。

そして、担任の身体を下から上へ見上げると一呼吸して言った。

「先生は、140cm位のその身長を、夏休みが終わるまでに10cmは伸ばすように頑張ってください。」

「私も親子で頑張りますから先生も頑張ってくださいね。」

と言ってやった。

その日から、毎日毎日親子で散歩して頑張って痩せた。

夏休みが終わる頃になると身長も伸びたので、10kg痩せた子供は平均体重になっていた。

担任は、クラスのみんなの前に洋子を立たせ、

「すごくがんばってダイエットした洋子ちゃんに拍手~」

とやったので、洋子は当然のごとく学校がキライになった。

子供への苛立ちを子供に返す教師のイジメ

私は校長に相談に行き、職員室で担任を含めて話し合った。

担任は、

「成人病にならないか心配だったから~」

とか、声にならないような声でモゴモゴ言ってた。

私は、職員室を見渡すと、

「いや~、この中にもかなり平均体重上回る人が沢山いますね。洋子の事ばかり心配して下さ

らなくて大丈夫ですよ~」

「親は、子供が元気に育ってほしいと思っていますが、先生の親はきっと、なぜこの子は身長

が伸びないのか?と、悩まれた事でしょう。私は、太っていたり痩せていたりという、個人の

特徴をみんなの前で言う先生を軽蔑します。」

と言うと担任は、

「実は、私が1年生の担任になってすぐ、口の悪い生徒にチビ!チビ!と言われた事への苛立ちをあなたの子供にぶつけてしまいました。」

と言った。

絶対にあってはならない、先生によるイジメだった。

洋子は、仲良しのお友達に支えてもらい1年生を過ごした。

2年になると担任が代わり、結局この問題は責任問題になることもなく、ウヤムヤなまま終わ

ってしまった。

これが今の時代だと、きっと大きな問題になるはずだ。

今でも子供が不登校になる理由に、「クラスメートのいじめ」の他に「教師のいじめ」があがっている。

自殺する子供たちのきっかけが、心ない先生の態度やひとことが要因であってはならない。

今日の学び

「教師から子供を守ることができるのは親だけなのだ」

error: Content is protected !!