水泳クラブの移籍であまりにもコケにされたので100倍返し【後編】

swim

水泳クラブの移籍トラブルはパワハラのレスリング界と似ている。

「移籍を希望する水泳クラブの体験」のはずが「移籍トラブルを体験」し、あまりにもコケにされたので100倍返ししたという話(後編)である。

スポンサーリンク

水泳クラブの沿革を知らないことは罪なこと

移籍トラブルを体験した翌日に父と話す。

みのり
じいちゃん、体験のつもりで行ったんだけど見学させられたよ。受け入れてくれないんだって。

<昨日の出来事を詳しく話す>

水泳クラブの移籍トラブルはパワハラのレスリング界と似ている。 「移籍を希望する水泳クラブの体験」のはずが「移籍トラブル...

俺の名前は出したのか?
みのり
名前は言ってないけど、ここの水泳クラブができたときに関わったってことは言ったよ。
そうか、そのコーチは俺が「タイルを貼った」ぐらいにしか思うてないのか。まあ良いわ。社長に電話してみるとしよう。

時が経ったとしてもコーチは働いている水泳クラブの沿革は知っておいた方が良いだろう。

今でも人気がある水泳クラブは過去に実績を残しているから今がある。そして、それにはいろいろな人が関わっているのだから。

最強の2枚ジョーカー

1枚目のジョーカー

1枚目のジョーカーは父である。

父はあるオリンピックスイマーの1番弟子だったという。

新しいプールが作られると各所に呼ばれ、プールのこけら落としで泳いだそうだ。

水泳選手を引退してからは、トップスイマーだった後輩たちをコーチとして呼び寄せ、地元の水泳クラブの黄金期を築きあげた。

その水泳クラブこそが今回移籍先に選んだクラブだったのだ。

2枚目のジョーカー

2枚目のジョーカーはある水泳クラブのトップで、そのクラブのプールを新設したとき父にこけら落としをお願いした人物で、地元の水泳界でも有名な人である。

最も活気に溢れた古い時代は、水泳クラブという枠を超えて人と人の繋がりが築き上げた良き時代だったのだ。

ファーストジョーカーの逆襲

コーチの懺悔 Part1

父が水泳クラブの親会社の社長に電話をかける。

昨日、孫が水泳クラブでお世話になったみたいじゃ。悪かったのお。
社長
Tちゃん、お孫さんが水泳しおるのか。そりゃ血筋だよ。それで、お孫さんはうちのクラブに入ってくれるんか。
いや、昨日行ったらしいが、受け入れないって断られたみたいだ。
社長
行く前に言ってくれれば伝えておいたのに。
時代が変わってるからありのままの姿を見た方がいいと思ってのそのまま行かせたが、娘はさんざん説教されたらしいわい。
社長
あのお嬢さんに説教したんかい。で、Tちゃんのことは話したんか?
水泳クラブが出来た時に関わったことは言ったみたいだが、まあタイルを貼った一人くらいにしか思わんかったのよ。
社長
Tちゃん、そんなことはないって。そんな風には誰も思うてないって。
孫が快適に泳ぐことができるプールが無いのは不憫だと言われたらしいが、体験させてもらえずニンジンをぶら下げられた馬のように2時間見学させられたことが不憫でのぉ。目の前にプールがあって泳げんことが、孫に不憫な想いをさせたと思ってのぉ。あそこのプールは泳ぎやすいプールだから勧めたが、プールで選んだんか!と怒られたらしい。プールで選ぶのは当たり前のことだがのぉ。
社長
泳がしてもいないんかい、Tちゃんごめんよぉ。
まあ、知っとるコーチもおらんようになったし時代も変わってタイルを貼った人の孫くらいにしか思わんかったのよ。お前と一緒に焼き肉行っても肉を目の前にして食べるなと言ったことはなかっただろ。孫にそういう想いをさせたことが不憫でのぉ。ああ、不憫じゃわい。
社長
Tちゃんごめんのぉ。もう1回チャンスもらえんか。
ああゆう想いをさせられたら、娘はもう行かんと言うだろうよ。あれも頑固だからな。
社長
ほんとすまんかったのぉ。コーチに聞いてみるよ。

コーチは、社長の話を聞いて青ざめたことだろう。

水泳クラブ体験の一報は所属コーチに

社長がコーチに話を聞くと、やはり所属先のコーチに電話して話をしており、今シーズンは移籍させたくないから猶予期間が欲しいなどのやりとりがあったことがわかる。

理由は簡単だ。

今シーズンにタイムが出て全国大会に行ってしまうと上級コーチに昇格できるからだ。

その微妙な位置に子供がいる。

所属クラブのコーチのその野望は在籍中に何度も聞いていた。

しかし、今回は移籍先クラブが所属クラブに電話しているので、ジョーカー達は所属クラブには怒ってない。

怒っているはずがニコニコに

コーチから事情を聞いた社長から父に電話が入る。

社長
Tちゃんのお孫さんは、所属のクラブも移籍させたくないし、うちのクラブも欲しいって話だったよ。だからあんな話になってしまったようだ。
所詮、月謝を払っての習い事、どこのクラブに行こうが習う方の勝手よ。それをコーチがどうのこうの言う筋合いではないわ。
社長
確かにそうだ、それはよく言っておくよ。コーチが言うにはお孫さんは体格も良いからどのクラブも欲しいタイプの選手らしい。Tちゃんに似たのだろうよ。
そうか、みんなで俺の孫の取り合いをやりおるんか。血筋は争えんのぉ。そうか、そうか、孫の取り合いか。

それならこの話はもう良いことにしよう。

事情を聴いた父はご満悦である。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!