【前編】水泳クラブの移籍であまりにもコケにされたので100倍返し

swim

水泳クラブの移籍トラブルはパワハラのレスリング界と似ている。

「移籍を希望する水泳クラブの体験」のはずが「移籍トラブルを体験」し、あまりにもコケにされたので100倍返ししたという話(前編)である。

スポンサーリンク

水泳クラブの悪しき移籍マナーに従わない

地域の水泳クラブ同士には繋がりがあるため、選手を盗った盗られたなどのトラブルに巻き込まれることに気をつけなければならない。

通常、水泳クラブを移籍する際に気をつけないといけないことは、

水泳選手の移籍は選手生命を左右する問題だ。 水泳クラブに所属することにより水泳連盟に選手登録ができ水泳大会に出場するこ...

に書いてみた。

移籍トラブルに巻き込まれることを敬遠し、所属先のコーチからの電話や推薦状などがないと選手を受け入れない水泳クラブもある。

それ故、まずは所属水泳クラブのコーチに移籍を相談して了解してもらうなどの段階を踏む。

だが本来、選手たちは水泳クラブに会費を払って通っているのだから、退会しようが移籍しようが選手たちの思いのままに行動すればよいことだと思う。

体験で良い水泳クラブだと思って中に入ったら全然違ったということはあるのだ。コーチとの相性もコーチングを受けてみないとわからない。

しかし、1回水泳クラブに所属してしまうと所属先のコーチが選手の移籍を阻止したりコントロールしようとする。

移籍について暗黙の悪しきマナーが存在する日本の水泳界のシステムは、昨今パワハラで問題のレスリング界と同じである。

そもそも移籍マナーとは、自分から良い選手を逃がさないようにと悪しきコーチたちが考えたことだ。良いコーチであるならば移籍したいと思う選手はいないだろう。

今回の移籍では水泳界がレスリング界と同じかどうかの検証の意味も含め、移籍にあたっては自分たちが思うがままに行動する。

でも、それが普通で当たり前のことだと思う。

手持ちのジョーカーは2枚

今回の移籍で移籍マナーに沿わずトラブルになった時に使えるジョーカーは2枚ある。

それは単なる地域の水泳クラブ同士の繋がりを超えたものだ。しかし、子供には実力で這い上がって欲しいので今所属している水泳クラブでも口にしたことはない。

だが、とんでもない仕打ちを受けることがあればジョーカーを使わないといけないだろう。

移籍先に考えたのは父が立ち上げに関わった水泳クラブである。隣の市にあるので少し通うのに時間がかかるのだがプール環境が良い。

父は水泳クラブの親会社の社長と親交が深く、社長が水泳クラブの事業を立ち上げた時に良いコーチを集めることに尽力したらしい。

結果、早い選手を輩出し有名クラブに成長を遂げたのだが、その全盛期を支えたコーチ陣はもういない過去の栄光クラブだ。

みのり
じいちゃんが立ち上げに関わったクラブに移籍しようと思うんだけど、社長に聞いてみてくれる?

孫がいるのでじいちゃんと呼ぶ。

そうか、孫があのプールで泳ぐのか。あそこは泳ぎやすいプールだよ。初めは良いコーチばかりを集めたんじゃがもうおらん。今はどんなコーチがおるかは知らんが、ありのままの姿を見た方が良いから、社長には言わない方がいいだろう。移籍したら孫がお世話になるみたいじゃと挨拶するよ。
みのり
そうだね、とりあえず体験に行ってみる。

選手コースの体験

所属クラブには移籍を考えているのでいろいろ体験に行くと言う話だけはしておいた。

早速、移籍先に希望している水泳クラブの選手コースに体験を申し込む。

みのり
今の水泳クラブの水深が低くて泳ぎにくいので移籍を考えてるんです。飛び込んだら目の前が床だったり、ターンしてから床に膝があたったりして体格的に限界を感じてるんです。今は市民プールで泳いだりすることも多いんですよ。
コーチ
そうですか。市民プールに行くならうちのクラブに来て泳げばいいじゃないですか。体験に来られたらどうですか?
みのり
よろしくお願いします。何か持って行った方が良いものがありますか?
コーチ
移籍に選手登録の番号が必要になります。あと、本人に何個か質問します。今のタイムを言えるようにしておいてください。

電話での感触は上々、コーチの感じも良い印象だ。

いつでも体験に来てよいと言うので、名前と現所属を伝えて体験日を決めた。

体験のはずが見学に

3日後の体験日、水泳クラブに電話を入れる。

みのり
今日はよろしくお願いします。
コーチ
今日は見学してもらうので水着は必要ありません。6時30分頃に来ていただければお話できると思います。
みのり
見学?ですか。。わかりました。では、6時30分頃に伺います。
コーチ
来られたら受付で名前を言って頂ければわかるようにしておきますので、自由に見学してください。

3日前の話では体験ということだったが、今日は何故か見学と言われることに違和感を覚えながら水泳クラブに向かった。

6時30分前に水泳クラブに着き、受付で名前を告げると観覧席に通される。

しばらくすると1人のコーチが現れた。見た目30代後半か。

するとこちらを気にすることもなく、他の親とたわいもない会話を始める。

7時になってもそのコーチと親の会話は続いている。

みのり
電話で話したのはあのコーチではないんだな。まだ電話で話したコーチは忙しいのだろう。

と考えていると、親と談笑していたコーチが寄ってきた。

みのり
ええっ!あなただったの?30分も知らん顔をしておいて何か感じわる。

コーチ
こんばんは、どなたからの紹介で来られましたか?
みのり
いえ、紹介ではありません。
コーチ
そうですか、今から練習が始まりますので自由に見学してください。練習途中で黙って帰られても結構です。もし最後までいるようでしたら、またお話することもあるかもしれません。
みのり
勝手に見て勝手に帰れとは何とも失礼な物言いだ。初めの電話での対応とは全然違う。お話しすることもあるかもって、それはないかもしれないってこと?

他の親との談笑に30分、私のところに来て1分。

意味が分からないまま練習を最後まで見学することにした。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!