WordPress 固定ページを使って従来型のサイトを作る

wordpress

スポンサーリンク

固定ページと投稿との違い

投稿は時系列で表示されますが、固定ページには時間的な考え方はありません。また、投稿には「カテゴリ」や「タグ」を設定できますが、固定ページには設定できません。
このことから、固定ページは、「サイトのトップページ」、「企業情報」、「お問い合わせページ」などの用途や、従来のホームページの再構築にも利用できるのでとても便利です。投稿は更新頻度が高いブログ記事などに利用されるのが一般的です。

また、多くのWordPressテーマでは、固定ページと投稿のテンプレートファイルが個別に用意されています。

通常、固定ページには「page.php」、投稿には「single.php」が使われ、テンプレートファイルを使い分けることにより、固定ページと投稿で、異なるデザインや内容を表示できるメリットがあります。たとえば、固定ページで作成するページは1カラムで表示し、投稿で作成するページは2カラムで表示する、ということが可能になります。

固定ページの作成方法

固定ページを作成するには、WordPress管理画面>固定ページ>新規追加をクリックします。

固定ページの編集作業は、投稿と同じようにビジュアルエディタや、テキストエディタを使うことができます。

ページ属性の設定

固定ページでは、ページ属性を設定することができます。設定できる項目は、親ページと順序です。

親ページ

固定ページは、ページ同志に親子関係を指定して、階層構造にすることができます。

順序

固定ページをサイト上に表示させる際の順序を指定できます。

固定ページ公開後の編集方法

公開した固定ページの一覧は、管理画面メニュー>固定ページ>固定ページ一覧で表示されます。

固定ページ一覧で、編集を行いたいページ名にマウスカーソルを重ねると、編集、クイック編集、ごみ箱、表示の編集メニューが選べます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!