クレジットカード無しからブラックカード取得に至った男の奮闘記

大企業で20年間サラリーマンとして働いていたA君が、脱サラによりクレジットスコアが低下し、クレジットカードが取得できなくなった屈辱の経験と、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードのステータスカードを取得しステータスが回復するまでの道のりを語ってもらった。

スポンサーリンク

クレジットカードは使わないと信用が作れない

所有するクレジットカードは1枚

A君がサラリーマン時代に所有していたクレジットカードは、JCB法人ゴールドカード(コーポレートカード)の1枚だけだった。

A君:

「たまたま会社で募集していたから申し込んだらすぐに審査が通ったんだ。その時代はゴールドカードを持っているだけで一目置かれる時代だったからね。」

私:

「どういう時にクレジットカードを使っていたの?」

A君:

「クレジットカードは、大きな買い物の時に分割払いで使うものだと思っていたから。基本は使わないよ。」

私:

「それじゃあ、クレジットカードを持っていても普段の生活では現金払いだよね?当然、ショッピング枠も少ないよね?」

A君:

「そうだね、取得した時から増えなかったから、1か月の給料くらいだったかな?」

ショッピング枠が全然足りない

そんなA君は、ある時クーラー、冷蔵庫、テレビ、電子レンジの家電が次々に壊れてしまう。

A君:

「こういう時こそクレジットカードが役に立つと思ったんだ。」

私:

「それは役に立ったでしょ?」

A君:

「それがね、クレジットカードを利用しようとしたけど、家電の見積金額はクレジットカードのショッピング枠をはるかにオーバーしていたんだ。そこで、カード会社へ電話して一時増額してもらおうとしたけど、利用実績がないため増枠はかなわかったよ。だから、仕方なくATMで現金を2回に分けて下ろして支払ったんだ。少し間でも多額の現金を持ち歩くのは、なんか気持ちが悪かったな。」

私:

「クレジットカードは使わないと信用が上がっていかないのよ。信用が上がればいざという時にも困らないくらいショッピング枠も大きくなってゆく。そして、その信用履歴は車や家を買ってローンを組んだりするときに良い影響を与えることもあるのよ。」

A君:

「なるほどそうだね。クレジットカードは、ある程度のショッピング枠がないと使いたい時に使えないことがあるってことを身をもって体験したよ。そして、ショッピング枠を増やすには日頃の利用実績を積むことが必要だってことを感じたんだ。」

この時A君は初めてクレジットカードのしくみと使い方を理解したのだった。

脱サラ後にクレジットカードを見直すことに

その後間もなく、A君は脱サラして法人を設立して退職してしまう。サラリーマン時代に取得したゴールドコーポレートカードは、退職により会社への返却を余儀なくされた。コーポレートカードは分割払いの手数料が会社負担になるクレジットカードだったのだ。

クレジットカードが1枚もなくなった

私:

「退職と同時に1枚もクレジットカードがなくなってしまったの?退職までに個人カードを作ることは考えなかったんだ。」

A君:

「そうなんだ。持っていたのがゴールドカードだったから、これをちゃんと使って信用を高めて、ショッピング枠も増やしてもらおうと思っていたんだよ。でも、個人カードではなくて会社の貸与カードだったことは、退職時に「返却して下さい」と言われて初めて知ったよ。」

私:

「クレジットカードが1枚もなくなったら、電子マネーも使えないし困るでしょ。これからどんなクレジットカードを作るか考えているの?」

A君:

「欲しいクレジットカードは、法人用と個人用のクレジットカードの2種類だよ。法人設立の機会に、「公私をはっきり分けること」と「月々の利用額が把握しやすいよう」に、クレジットカードを活用したいんだ。クレジットカードだったら、毎月の明細で何にいくら使ったのかがわかるからね。そして、インターネットで安く購入するにはクレジットカードがないと不便だしね。交際費の支払いもクレジットカードの方がスマートだし。これからは電子マネーがどんどん活性化してくるからクレジットカードがビジネスや個人にも必要不可欠だと思う。」

欲しい時にクレジットカードは作れない現実

クレジットカードへの考え方を変えたA君は、取得したいクレジットカードを考える。

個人向けクレジットカード

A君は、初めからショッピング枠が大きいゴールドカードの取得を目標にすえた。

その時期、地銀のクレジット機能付きキャッシュカードが提供されたので、地銀提携のJCBのゴールドクレジットカード機能付きのキャッシュカードを申し込むことにする。

退職するまでJCBのコーポレートカードを持っていたのでJCBでの履歴があり、個人でも簡単に取得できると思ったのであろう。

A君の毎月の収入は、脱サラした後も変わっていない。ステータスが変化したのは、大企業から創業したばかりの弱小企業に所属していることだ。

しかし、地銀から送られてきた手紙は、

「この度はご希望に沿う事ができませんでした。一般カードの機能付きのキャッシュカードを発行させて頂きます。」

という内容だった。

簡潔に言うと、

「あなたが今持つことができるのは一般カードです。」

ということだ。

この現代版不幸の手紙はいつもらっても激しく落ち込むものだ。A君の落ち込みも半端ない。

しかし、往生際が悪いA君は、「審査に落ちたのは、きっと地銀だったからだろう。」と、安易に考え、プロパーのJCBゴールドカードを申し込んだ。

「この度はご希望に沿う事ができませんでした。悪しからずご了承頂けますよう。」

完全に玉砕、もう彼にはゴールドカードが似合わないのだ。そしてまた激しく落ち込む。

クレジットカードを使っていなかったためクレジットヒストリーが無いことに合わせて、脱サラによる信用力の低下、持っていたカードがコーポレートカードであったことから、個人のゴールドカード保持の実績にならず一般カードが相応と判断されたのだろう。

会社に在籍中にコーポレートカードではない個人カードを作っておくべきだったのだ。

法人向けクレジットカード

経費をクレジットカードで清算するためには法人カードが便利だ。個人のクレジットカードを経費利用することには規定上問題があるが、法人カードであれば経費で堂々と使える。

しかし、法人カードは法人格があれば簡単に作れるというものではなく、設立3年以上でないと取得が難しいカードである。当然A君は、JCB法人一般カードを申し込んだのだが、設立間もなくでは取得することはできなかった。

「この度はご希望に沿う事ができませんでした。悪しからずご了承頂けますよう。」

また不幸の手紙がやってきた。何回もこの文章を見ると気が滅入ってしまう。

「今回は残念でした。次回また挑戦してみてください。」

みたいな文言だと、「次にまたチャレンジしよう!」という気になるのだが。

A君はなんとか半年間、クレジットカードの申し込みを我慢し、ついに車両リースの実績からディーラー提携の法人一般カードを取得することができた。しかし、ディーラー提携の法人カードもショッピング枠が大きいゴールドカードで申請したのだが、手元に来たカードは一般カードだった。結局は経費を精算しようにもショッピング枠が少ないため、現金精算を併用するしかなかった。

ステータスを取り戻す

A君は会社に在籍中はゴールドカードホルダーであったのだが、手元にあるクレジットカードは一般カードばかりになってしまった。そしてゴールドカードは、個人の信用ではなく在籍している会社の信用で持ていただけだったということに気がつく。

退職により、ショッピング枠が大きいクレジットカードを作ることが難しくなってしまった。このことから、個人の信用力を証明するもののひとつがクレジットカードであるということを実感し、新たに個人の信用力の証明となるクレジットカードを得たいと思ったのだった。

クレジットカード取得のための具体的なプラン

これからのクレジットカードライフに向けての目標を具体的に考えた。

  • ゴールド、プラチナとランクアップできる一般クレジットカードを選ぶ。
  • 決済はクレジットカードに集中させ、一括払いでしか利用しない。
  • 電子マネーを使いキャッシュレスの生活を行うことで接触頻度を上げる。
  • 3年後にはゴールドカードが欲しいが、自分から申し込むことはしない。
  • クレジットカードの利用実績を作ってインビテーションが来るのをただ待つ。
  • ショッピング枠は最低100万円は欲しい。
  • キャッシング枠は借り入れと同じことになるので0円にする。
  • リボ払いは使わない設定にする。

取得を目指すクレジットカードはプロパーカード

目指すクレジットカードは、取得が比較的容易な提携クレジットカードではなく、高い信用力が必要であるプロパーカードに決めた。まず現状のステータスで取得できるクレジットカードを選ぶ。

個人カード

選んだクレジットカードはこのカードだ。

信用力が高まりステップアップすると、VISAゴールドカード、JCBゴールドカードが取得できる。

  • VISA一般カード
三井住友VISAカードは、日本で初めてVISAカードを発行した三井住友カード株式会社が発行するカードで、世界のクレジットカード5大ブランドのひとつです。
  • JCB一般カード
JCBは日本を発祥とする国際ブランド 株式会社ジェーシービーが発行するクレジットカードで、世界のクレジットカード5大ブランドの中で日本を発祥とする唯一の国際ブランドです。日本国内では最大の加盟店数を誇ります。

法人カード

JCB法人一般カード申込と同時にディーラー提携の法人一般カードは解約した。ディーラー提携の法人一般カード取得実績と月々の経費利用の実績でプロパーカードを取得できた。

JCB法人カードはJCB法人ゴールドカードにステップアップできる。

  • JCB法人一般カード

ゴールドカードのインビテーション

A君は計画どおり、それまでの現金払いはやめてクレジットカードの一括払いのみを利用し、キャッシュレスの生活を送ることを心がけた。また、法人も経費にはクレジットカードを利用した。

すると、3年目で変化があった。

JCBゴールドカード、JCB法人ゴールドカードとVISAゴールドカードのインビテーションが届いたのだった。

JCB THE GOLDカードは、30歳からの安心とクオリティを兼ね備えたプロパーゴールドカードです。 THE GOLD PREMIUMやJCBの最上級カード「JCB THE CLASS」を目指すなら、JCB THE GOLDへの入会が必要です。
三井住友VISAゴールドカードは、いっそ、もっと、輝こうでおなじみの三井住友VISAゴールドカードです。三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行する、選ばれた大人のステイタスとサービスの証です。

会社を退職してから3年、A君はゴールドカードホルダーに戻ることができたのだが、退職後に一般クレジットカードしか作れなくなったこともあり、サラリーマン時代より上のステータスカードを取得したいと思うようになった。

プラチナカードのインビテーション

ゴールドカードを取得すると次の目標はプラチナカードの取得だ。しかし、A君は時間がかかろうとも決して無理な使い方はせず、今まで通りクレジットカード一括払いの利用でキャッシュレス生活を続けることにした。

そして、ゴールドカード取得から2年経過したある日。

VISAプラチナカードのインビテーションと、JCB法人プラチナカードのインビテーションがやって来た。

三井住友VISAプラチナカードは、ステイタス・国際性・先進性を備えた最上級のカードです。申込制のプラチナステータスカードです。

JCB THE CLASSは、JCB一般カードから利用実績を積んだおかげで、インビテーションを待たないで取得することができた。俗に言う突撃だ。

A君は退職時の屈辱から5年で2枚のプラチナカードと1枚のブラックカードを取得できたのだった。

更なる飛躍 ANAカードでマイルをためる

全ての目標が達成できたら、次は「飛行機に乗るのに航空系のクレジットカードが欲しい。」と思うようになった。

航空会社はANAを考えた。JCBとVISAにはANAカードがあるが、既に取得しているブランドのクレジットカードと同じになると総枠も重複してしまうので、新しくANAダイナースクラブカードを取得することにした。

ダイナースクラブカードはステイタスカード ダイナースクラブカードは、日本で初めてのクレジットカードで、世界5大ブランドの1つです。 また、ダイナースクラブカードは、一律の制限がない利用金額の他、食事、旅行、宿泊などにおいて、ハイクラスな特典が用意されています。

ANAダイナースカードの魅力は、個人カードと一緒にビジネスアカウントカードも取得できるので経費精算に使えることだ。しかも、「利用に制限はなく」「ポイントも永久に消えない」「ショッピングでマイルもたまる」というクレジットカードだ。

早速インターネットからANAダイナースクラブカードを申し込むことにした。

ダイナースクラブカードは外資系のカードだが、申込にあたって前職情報など入力しないといけなかったので、そこまで見てもらえるならと取得できるかもと期待した。ANAダイナースクラブカードはANAが審査して発行するのだが、ANAマイレージカードを持っていたのが幸いしたのか無事に取得することができた。

ANAダイナースプレミアムのインビテーション

ANAダイナースカードの上位はANAダイナースプレミアムだ。

ANAダイナースプレミアムのインビテーションを待たずにデスクに問い合わせをすることで入手できたとの情報があったが、インビテーションをただひたすら待つことにした。

ANAダイナースカードを取得して4年目、ANAダイナースプレミアムのインビテーションがやって来た。

ダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースクラブカードが発行するプロパーブラックカードです。ダイナースクラブカードから招待された方のみが申し込める非常に高いステータス性があるカードで、最高級のサービスがご利用いただけるプレミアムな1枚です。

ANAダイナースカードの年会費を支払ったばかりだったので、ANAダイナースプレミアムに切換えるとまた年会費を支払わないといけないのかが判らずデスクに問い合わせたところ、月割りでANAダイナースカードの年会費を精算し、ANAダイナースプレミアムの年会費も月割りになるとのことだった。さらに「このお電話で切換えが可能です。」と案内されたので、「お願いします。」との一言でプレミアムカードへの切替え手続きが完了した。

社会的信用力を客観的に証明できることは重要

サラリーマンを辞め、取得できるクレジットカードが一般カードしかなくなったことから始まった彼のクレジットカードマニアへの道。

失ってしまった信用力を新たに証明しようとして意地になったステータスクレジットカードの取得だが、サラリーマン時代以上にステータスを高めることができたことは自己満足だけなのかもしれない。

しかし、海外ではクレジットカードは信用の証として定着しており、クレジットスコアがローン審査などの人生を左右するほどだ。これからの日本も2020オリンピックに向けてクレジットカード社会が怒涛のごとく押し寄せ、日本もクレジットスコアが重要視される時代に突入してゆくに違いない。

人は社会的信用力相応のクレジットカードしか持つことが出来ない。しかし、その信用とはお金をいっぱい持っているというものではない、計画的に利用して必ず返済することができる人かどうかというものなのだ。

クレジットカードはステータスが安定している時にしか作れない。自身のステータスが変化してしまうと、手に入れたかったクレジットカードを持つことができなくなるかもしれない。

今日の学び

「クレジットカードの取得にチャレンジできるのはステータスが安定している時だけだ、それは今なのかもしれない。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!