交通事故

実録裁判

交通事故刑事裁判 第4回公判 判決

「被告人を禁固1年6月に処する。この裁判が確定した日から4年間その刑の執行を猶予する。」、第4回公判では判決が言い渡された。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第3回公判パート3

弁論要旨 被告人は、本件公訴事実をすべて認めており、弁護人もこれを争うものではありません。そこで、以下情状について述べます。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第3回公判パート2

委託弁護人意見書 自転車運転過失傷害被告事件について、被害者参加人委託弁護士の意見は下記のとおりである。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第3回公判パート1

第3回公判では論告求刑が行われる。被告人は、最終弁論でも何をどう反省しているのかが全く判らなかった。論告求刑においても始終無表情であった。弁護士に、執行猶予は付くからと言われているのだろう。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第2回公判パート4

裁判官の質問 裁判官もちょっと言わして下さいね、5月12日の何度も出てくる実況見分なんだけども、あんた、横断歩道上の事故じゃないんだということをね、警察官に説明したんだ。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第2回公判パート3

被害者弁護人による質問 これは在宅の事件ですから、弁護人からこういう書類がありますよと見せられた事実はいいですね。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第2回公判パート2

検察官による質問 あなたは重大な事故を起こしておいて、運転が怖いとかは思わないのか
実録裁判

交通事故刑事裁判 第2回公判パート1

第2回公判は、被告人質問が行われる。検察官も明らかに怒って感情的になっている。被告人質問が終わった後、検察官が「こんな態度の被告人は初めて見た。」と呆れていたほどだった。
実録裁判

交通事故刑事裁判 第1回公判

第1回公判は、冒頭陳述と証拠調べが行われる。冒頭陳述が終わると、検察官は証拠調べの請求がはじまる。この手続きは、検察官が冒頭陳述で述べた事実を証明するために必要な証拠を公判手続きで取り調べてもらうように申し立てる手続きだ。
実録裁判

交通事故刑事裁判 ある自動車運転過失傷害事件の全記録

この実録交通事故刑事裁判は、被害者側が何度も警察の現場検証についてヒヤリングすることで事故の状況を把握し、また、損害保険会社の事実と反する動きも察知することができたことから、刑事裁判で納得のいく判決を導き出せた事例である。
error:Content is protected !!