水泳選手の子供の身長を高くするために大切な5つのこと

南国気分

 

日本人の選手は外人選手に比べると身長がまだまだ小さい。

水泳選手は身長が高いほど有利である。

子供が水泳で外人選手に引けを取らないような体格になって欲しいと日々願っているのだが、「身長を確実に伸ばす方法」というものは世の中には存在しない。

しかし理論上、何が身長の伸びに影響するのかということはわかっている。

日本人の身長の伸びは止まったか

日本人の平均身長は年々伸びていると思っていたが17歳の平均身長は、実は20年前から横ばいになっているという。

2016年の調査では、男子で170.7cm、女子で157.8である。

かつては不足していた栄養については状態が十分に改善されたことで、日本人の身長は伸びてピークを迎えたのではないかという専門家もいる。

でも実感ではこの20年で平均身長より大きい子供の割合が増えている気がするのだが気のせいなのだろうか。

子供のこれまでの成長

小学校6年の時

息子が水泳選手コースに入ったのは2年前の小学生卒業前。

その時の身長は、157cm、体重55kg、靴のサイズは25cm。

遅生まれであるが、水泳大会では周りの小学生と比べるとはるかに大きい体格だ。

中学生1年での成長

中学1年なると、162cm、体重65kg、靴のサイズは26cm。

水泳大会では、中学3年に引けをとらない体格だ。

中学校2年での成長

中学2年では、167cm、体重75kg、靴のサイズは28cm。

胸囲も108cmになったが、まだ胸周りの筋肉量は少ない。

ウェイトトレーニングなどはやらせていないが、もともと胸の筋肉が大きい。

水泳クラブでは、所属する高校生の身長を超えた。

現在の体格

中学3年になろうとする現在は、172cm、体重は82kg、靴のサイズは30cm。

決して肥満体ではないのだが筋肉が大きいため体重も大きくなる。

胸囲も110cmになり少し胸の筋肉量が増えた。

手の大きさも20cmと身長に比べてかなり大きい。

水泳クラブでは、所属する大学生の身長を超えた。

 

手と足には純正のパドルとフィンがついているような感じだが、泳ぎを見ていると、まだ体に見合った筋肉量になっていないからコントロールできていないように感じる。

成長過程を見て思うこと

子供の成長を見ているとある傾向に気がつく。

 

身長が伸びて少しほっそりとしたかと思うと体重が増加する。

また身長が伸びて少しほっそりとしたかと思うと体重が増加する。

 

という過程を繰す。

でも、ある程度体重が増加するとそれ以上に増えることはない。

 

まるで、「次はこの体重に見合った身長になるよ。」みたいな感じである。

子供の将来身長を予測する

一般的に、子供がどれくらいの身長になるかを両親の身長から予測計算できると言われる。きっと、偉い方が研究を重ねて導き出したのだろう。

 

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

 

この計算式に当てはめてみると、

 

父の身長=170cm

母の身長=158cm

 

なので、

子供の予測身長は、172.5cmになる。

 

すでに172cmということは、あと0.5cm。

 

もしやこれで息子の身長も止まってしまうのか。

でも、この結果は遺伝からの将来の身長予測だ。

遺伝より大事な「栄養・睡眠・運動」

最近では、身長を伸ばすのに大切なことは遺伝だけではなく、「栄養・睡眠・運動」だと言われている。戦後、食生活が改善されてゆくことで日本人の平均身長は伸びてきた。

タンパク質を多くとる

昔から身長を伸ばすには、牛乳、豆腐、小松菜、小魚など背を伸ばすにはカルシウムを多く含む食品が良いとされ、子供の頃にはよく牛乳を飲みなさいと言われたものだ。

成長期の骨の末端部分には、骨端線といわれるものがある。この部分は軟骨細胞が集まってできたもので、成長ホルモンなどの働きかけによって増殖して層のように積み重なって骨は伸びる。

 

しかし、軟骨細胞に必要な栄養は、肉、魚、卵、チーズなどに含まれるたんぱく質である。

これを考えると、欧米人の方が身長が高くなることがうなづける。

 

一方、カルシウムはたんぱく質からできた軟骨の層を石灰化し硬くするためのものである。

なので、成長期にはしっかりとタンパク質をとらなければ身長はしっかり伸ばせない。

良く寝る

最近の子供はゲーム機やスマホなどの普及で夜更かしする子も多いのではないだろうか。

1日のうちで成長ホルモンが活発になる時間帯は寝ている時である。

寝る子は育つには根拠があるのだ。

そして、成長ホルモンが活発になる時間帯は22時から2時くらいと言われている。

この時間に熟睡することができれば体の成長に良い効果をもたらすのだ。

運動をする

全身での運動をして寝ることで成長ホルモンがさらに活性化する。

しかし、運動は必要だからといっても、疲れて食事も食べられないようなハードトレーニングを行うと、背を伸ばすために使われるはずのたんぱく質が、筋肉の修復に使われて逆効果になるので注意が必要である。

error:Content is protected !!