Broken Link Checker を使ってサイト内のリンク切れを検知する

wordpress

Broken Link Checkerは、WordPressで作成したサイト内のリンクを検知して、リンク切れがないかどうかを確認できます。

リンク切れを手作業でチェックするのはとても手間がかかる作業です。Broken Link Checkerは、自動でリンク切れを検知して通知してくれます。

Broken Link Checkerプラグインを利用すると以下のメリットがあります。

  • 自動的にリンク切れを起こしている記事をチェックし、通知してくれる。

スポンサーリンク

Broken Link Checkerのインストール

管理画面から検索してインストール、または、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

管理画面から検索してインストール

  • WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Broken Link Checker」で検索
  • WordPress.org からダウンロード
  • 「今すぐインストール」をクリック
  • プラグインを有効化する

WordPress.org からインストール

  • WordPress.orgから、「Broken Link Checker」のzipファイルをダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを解凍
  • FTPソフトなどで、WordPressの「plugin」フォルダ内にアップロード
  • WordPressの管理画面から「プラグイン」を選択
  • プラグインを有効化する

Broken Link Checkerの使い方

リンクエラーの確認方法

Broken Link Checkerによってリンクエラーが検出された場合、一般メニュー画面に表示され、リンクをクリックすると検出されたリンクエラーの一覧が表示されます。

一覧に表示されたリンク先が本当にリンク切れを起こしているのかを、クリックして表示します。

  • URLの間違いがあるのであれば、「URLを編集」をクリックします。
  • 既に存在しないURLで、リンク切れであれば「リンク解除」をクリックします。
  • 既に修正しておりリンク切れでなければ、「リンクエラーでない」をクリックします。

リンクエラーのメール通知

Broken Link Checkerで新たに検出されたリンクエラーに関して、メール通知を受けとりたい場合は、一般メニューで、「新たに検出されたリンクエラーに関してメール通知を受ける」にチェックを入れます。

Broken Link Checkerの設定

管理画面の場所

WordPress管理画面 > 設定 > Broken Link Checker

一般

リンクエラーの確認や、チェックを何時間ごとに行うかなどの設定

リンクチェック対象

チェック対象(投稿、ページ、コメントなど)の選択や、チェックする記事の状態(公開済み、下書きなど)の選択

リンクチェック種類対象

リンクの種類(HTMLリンク・画像、YouTubeの動画など)の選択や、除外リストの設定

プロトコル & API

リンクチェックに使用するHTTP・APIの選択

高度な設定

タイムアウト(リンク読み込み時間)の設定や、サーバーの負担制限の設定など

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!