昔は泳げない子をプールの真ん中に置き去りにした

南国気分

昔は泳げない子をプールの真ん中に連れて行き置き去りにした。

「獅子は我が子を千尋の谷へ突き落とす。」というが、それが当たり前の時代だった。

スポンサーリンク

ひとりで泳いで帰ってこい

4年生の夏休み

私は小学4年生になっても全然泳げなかった。

私が通っていた小学校のプールでは、昼間の水深は浅かったが夜間には親子タイムというものがあり水深は170cmほどになった。

「泳げない子をプールの真ん中に連れて行き置き去りにする。」

ある日突然、私もその洗礼を受けることになる。

一緒にプールに行ったことがない父親から、

親子タイムにプールに行って水泳の練習をしよう。

と誘われるがまま連れて行かれる。

ほら、背中につかまりなさい。プールをぐるっと周ってあげるから。

私は喜んで父親の背中につかまる。

そして、プールの真ん中に行くと、

はい、ひとりで帰っておいで~。

と足も着かないプールの真ん中で背中から振り落とされる。

突然の出来事に必死にもがく。

溺れる寸前だ。

水を飲まないように床まで沈み、水面まで飛び上がって息をする。

必死にプールサイドに向かって潜水したまま平泳ぎもどきをして、苦しくなるとまた水面まで飛び上がって息をする。

何回か繰り返しているうちに、なんとかプールサイドに戻ることができた。

みのり
。。ああ、助かった。
ちょっと泳げたじゃないか。
みのり
。。いや、溺れていたのだ。

だが、

「プールではプールサイドが近くにあるからなんとかたどり着ける。」

そう思った途端にプールが怖いと思っていた気持ちがいっぺんに楽になった。

泳げるようになるかもしれない

それからは、毎日ひとりで夏休みの学校のプールに通った。

初めは、プールサイドから飛び込み、すぐにプールサイドに戻ることを繰り返す。

そして、水泳クラブに入っている友人の泳ぎを真似ながらクロールの練習をする。

フリーで25mを泳げるようになるまでには1週間もかからなかった。そして、4年生の夏が終わるころにはフリーで50m泳げるようになっていた。

近年のプールでは、飛び込み事故が多く発生したことから飛び込み行為が禁止されているが、昔は何処のプールでも飛び込みOKだったので飛び込みをマスターするのは簡単だった。

泳ぐ上で一番辛かったのはゴーグルがまだ一般的に普及していなかったということだ。目が真っ赤になり痛くなりながらも水中で目を開け、ぼやけた視野で泳ぐことが当たり前だった。

また、その時代は大会にもスクール水着で出場できた。キャップも必要なく、泳ぐには水泳パンツ1枚があれば良い。なんとも安上がりな時代だった。

水泳クラブからの誘い

5年生の夏

翌年、泳げるようになった私は毎日小学校の夏のプールに通う。いつのまにか25mの潜水もできるようになっていた。

水泳は、ある程度泳ぐことができるようになってから急に楽しさが倍増するのは、水泳をやった人にしかわからないと思う。泳げば泳ぐほど面白いように早く泳げるようになり、いつしか水泳クラブにいる友人のタイムを超えていた。

初めての大会出場

5年生では小学生の市大会に出場し、メドレーリレー優勝での大会記録とフリーで2位に入賞することができた。

2枚の賞状と2個の入賞バッチをもらったのだが、学校から手元に貰えたのは2枚の賞状と1個の入賞バッチだった。1個の入賞バッチは、入賞できなかった他の子供に参加賞として渡されていたのだ。

今でも忘れない理不尽な思い出である。

水泳クラブに入れて下さい

そんな理不尽なことをしたのは小学校の担任あり、近くの水泳クラブのコーチの奥さんだ。

大会で入賞したことで、母親に「息子さんを水泳クラブに入れませんか?」という話があったという。だが、母親は私が知らないうちにふたつ返事で断ってしまう。

まだ昔は、今のように水泳クラブからのエントリーが主流ではなく、学校からのエントリーが主流の時代だったこともあるだろう。

水泳クラブに入ることができなかった私は、中学校で水泳を続けようと思ったのだが、入学した中学校にはプールがない。

水泳ができなくなった私は担任の推薦で陸上部に入部する。学校でも1番の俊足になったが、泳ぐこと以上に走ることに対して楽しさを見出せず、大会にも出場することはなかった。

自分が一番やりたいと思ったスポーツが出来なかったことで、スポーツへの関心や意欲が次第に消えていった。

今の時代だと虐待か?

昔は、泳げるようになるために「プールや海の中で置き去りにされた」という話をよく聞いた。

私もこのことがなければ一生泳ぐことができず、泳ぐことが楽しいという気持ちが芽生えることはなかった。

だが、私と同じようにプールの真ん中に置き去りにされ、溺れた恐怖で余計に水が怖くなった話もよく聞いたので、実際に泳げるようになる確率は低い。

今の時代、そんなことをすればすぐにライフセーバーが飛んできて怒られることだろう。

Strokemakers ストロークメーカーNEO 0サイズ 2013130

新品価格
¥2,192から
(2017/5/23 16:55時点)

Strokemakers ストロークメーカーNEO 0.5サイズ 2013140

新品価格
¥2,292から
(2017/5/23 16:55時点)

Strokemakers ストロークメーカーNEO 1サイズ 2013150

新品価格
¥2,123から
(2017/5/23 16:56時点)

Strokemakers ストロークメーカーNEO 2サイズ 2013160

新品価格
¥2,500から
(2017/5/23 16:56時点)

Strokemakers ストロークメーカーNEO 3サイズ 2013170

新品価格
¥2,754から
(2017/5/23 16:57時点)

まとめ

「今の時代、プールの真ん中への置き去り行為は通報されることだろう。」



スポンサーリンク

シェア thanks!

フォローする

error: Content is protected !!