iOS12 にアップデートしてパフォーマンスを向上させる

南国気分

9月18日より、Appleのモバイル向けOSの最新バージョン「iOS 12」のアップデートが始まりました。

対応デバイスで「設定>一般>ソフトウェアアップデート」からアップデートできます。

スポンサーリンク

ios 12の対応デバイス

iPhone

  • iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/iPhone 8 Plus
  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s/iPhone 6s Plus
  • iPhone 6/iPhone 6 Plus
  • iPhone SE/iPhone 5s

iPad

  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro/iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iPod

  • iPod touch(第6世代)

ios 12の主な新機能

動作速度の向上

iOS 12は、キーボード表示は50%、ホーム画面のスワイプによるカメラ起動は70%、高負荷の際のアプリ起動が2倍の高速化を実現し、あらゆる体験が一段と速く一段と反応が良いものになるように強化されています。

Siriの強化

App Storeでダウンロードできる新アプリ「ショートカット」で、よく行なう一連の操作のプログラムを組むことができ、Siriから実行できます。

1度に最大32人のFacetime通話

この秋に登場するFaceTimeでは、一度に最大32人のビデオ通話とオーディオ通話に対応するようになります。

ミー文字が作れる

iPhone XやXS、XR専用の機能ですが、アニ文字の延長で自分そっくりなアバター「ミー文字」が作れるようになりました。メッセンジャーやFaceTimeで利用できます。

新しいアニ文字

コアラ、トラ、ゴースト、ティラノサウルス。4つの新しいアニ文字から好きなものを選んで、メッセージスレッドとFaceTime通話に使えます。

カメラエフェクト

アニ文字、ミー文字、魅力的なフィルタ、アニメーション化されたテキストエフェクト、楽しいステッカーなどを使って、写真やビデオをすばやく作って共有することができます

ARがリアルに

ARKit 2を使えば、一段と臨場感にあふれた拡張現実の世界を生み出すことができます。

iOSの新しいARアプリケーションである「計測」により、カメラを向けるだけで現実の世界にあるオブジェクトを測定できるようになります。

スクリーンタイム

スクリーンタイムでは、アプリケーションを使ったりウェブサイトを見ている時間や、デバイスを使っているトータル時間について確認できるようになりました。

まとめ

そのほかにも、「計測」アプリの追加、「ブック」「ボイスメモ」「株価」アプリのデザインが一新されるなどの細かな変更もあります。

新機能の一覧はこちら。

動作速度が向上されている今回のiOS12アップデート、iPhone 5s以降の機種の方はアップデートできるので、導入して新機能を試してみましょう。

しかし、いつものことながら新しいiOSが公開されて間もなくは大きなバグがある可能性もあるので、慎重な方は少し待ってから導入した方が良いかもしれません。



スポンサーリンク

シェア thanks!

フォローする

error: Content is protected !!