ジェネリック薬を医師があえて処方しない理由

ジェネリック

そろそろ確定申告の時期になる。毎年医療費が高額になると健康保険組合から「ジェネリックに変えると医療費が安くなりますよ」という案内がやってくる。

かかりつけの病院で、今まで飲みなれた薬を医師から処方してもらっても、薬局から医師へ電話を架けられ、「後発品でもいいですか」と勝手に変えられることもある。また、中にはジェネリックしか置いていない薬局もあり、「後発品で同じですから」と説明される。

しかし、本当に効果効能が全く同じであれば、医師が勧めるはずだが、医師はあえてジェネリックを処方しなかったりするのだ。

病院で薬を処方されるときには、自分で処方箋を細かく見たほうが良い。

スポンサーリンク

ジェネリック医薬品とは

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目のお薬のことだ。新薬の有効成分を利用して開発されるため、その分開発期間やコストを大幅に抑えることができ、先発医薬品よりも3割から5割程度安くなる。

しかし、ジェネリック薬品は、日本での普及率はまだまだ低く20%程度、海外では結構使われている薬だ。日本は、2018年3月までに60%以上をジェネリックに変える予定である。

ジェネリック

アレルギー反応が現れる

風邪をひいて病院に行くと、「クラビット錠」という抗生剤がよく処方される。そして、「クラビット錠」の後発品が「レボフロキサシン錠」という抗生剤である。

ある時、子供が風邪をひいて処方された薬は「クラビット錠」だったが、薬局で出された薬は「レボフロキサシン錠」だった。薬剤師には、「同じ有効成分、同じ効き目で安い薬です」と言われただけだった。

しかし、ジェネリック薬品が、新薬と「同じ有効成分、同じ効き目」ということで安心してはいけない。同じ有効成分であっても製造過程が新薬とは違うからだ。

それを、知ったのは子供に「レボフロキサシン錠」を飲ませた2日目のことだった。

「レボフロキサシン錠」を飲んだ子供は、全身に蕁麻疹が出て、まるでダルメシアンのようになってしまった。

初めは、なにか食べ物でアレルギーが出たのかと思ったが、心当たりがあるような初めて口に入れたものはない。

いろいろ調べた結果、「レボフロキサシン錠」による副作用でアレルギーが出たことがわかり、服用を中止すると治った。

私がジェネリック医薬品をやめた理由

何種類かのジェネリック医薬品で、「効果効能が少ない」「アレルギー症状が出る」ということを体験したため、新たなチャレンジは行わず、薬局で薬を貰うときは必ず新薬にしてもらうようになった。

添加物が違う

「同一の有効成分があるから問題ない」と言われているが、使用されている添加物は異なり、全く同じものではない。

医薬品の特許には、物質特許(有効成分)・製法特許(製造方法)・用途特許/医薬特許(効能効果)・製剤特許(用法用量)の4種類がある。

「物質特許」が切れている  ⇒ ジェネリック医薬品が作れる

「製法特許」が切れていない ⇒ 錠剤の表面コーティング部分なども変える必要がある
「製剤特許」が切れていない ⇒ 錠剤そのもの、粉末、カプセル自体も変える必要がある

つまり、単純に物質の特許だけではなく、その他の特許の関係上、添加物も含め結果的に全く同じ薬になってはいないので、その添加物に対して強いアレルギー反応を起こす人が多い。

アレルギー体質の人は特に気をつける必要がありそうだ。

新薬より効果効能が少ない

ジェネリックの効果効能についてはバラつきがあり、その格差は最大40%とも言われている。

日常的に同じ薬を飲まないといけない人によると、ジェネリックの効果効能は新薬と全然違うとのこと。

ジェネリックにするか?新薬にするか?

安いジェネリック医薬品にするか?、安くはないけどアレルギーなどの副作用が少ない先発品を選ぶか?は、薬局に決められるのではなく、服用する本人が決めないといけない。

今日の学び

「医師が処方しないことには理由がある」

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!