保育園は不倫の匂いにつつまれている

南国気分

スポンサーリンク

ある保育園で年間に1件起こっている事件

友人の子供、洋子(仮名)が3才の頃の話。

私は、友人に頼まれて保育園にお迎えに行ったことがある。

友人の仕事が遅くなる時は、代わりに良く迎えに行き私の家で遊んで待ってた。

洋子を迎えに行くと保育園の先生に、

先生
何故貴方が迎えに来たのですか?
先生
洋子ちゃんのお父さんとどんな関係ですか?

など、しつこく聞かれた。

その時は、

みのり
洋子の叔母です。

とだけ言って立ち去った。

洋子ちゃんも、おばちゃんって呼んでいたし。

保育園の不審者への対応だとばかり思っていた私は、この先生の言葉の裏にあったものを知ることになる。

ある日、洋子が私に、

洋子
○○先生が、ママがお仕事でいない日曜日に来るの~
みのり
へぇ~、そーなんだ何しに来るの?
洋子
お父さんのお世話!!
洋子
あと、ご飯作ってくれりゅ!!
みのり
あらら、堂々と不倫してるんだ。

さすがに友達には言えなかったけど、お母さんがいないときに家に上がり込んでいては結果は見えている。

結局バレて離婚してしまった。

私は、子供を巻き込んで家庭を壊した先生が許せずその保育園の園長先生に電話した。

みのり
保育園の先生が、園児の親に色気を使ったり、園児の家庭を壊すのはいかがなものでしょうか?
園長
実は、よくあるんです。。
みのり
ええっ?!

園長先生の予想もしなかった答えが返ってきた。

そして、園長先生は続ける。

園長
出会いがないからですかね~?
園長
まぁ年に1例ぐらいですが~。
みのり
あらま、不倫のクレームがありすぎて園長先生も慣れているのね。

今は待機児童が多く、子供を預ける保育園がなかなか見つからない時代。

保育園を増やすと、保育園の先生との不倫の数も必ず増える。

そして、離婚率と再婚率もアップする。

今日の学び

「保育園で不倫の防止対策は、保育園に旦那を近づけないことである。」



スポンサーリンク

シェア

フォローする

error: Content is protected !!