人間は嫌な事を忘れることができる動物である

南国気分

本来人間の脳は忘れやすい。でも、嬉しかったことや楽しかったことはすぐに忘れるのに、嫌なことだけは記憶に残るものだ。

スポンサーリンク

嫌な記憶を忘れる方法

人間は自分に不要なものは忘れるように訓練できる。

方法は簡単だ。人間は同時に異なる感情を抱くことができないので、嫌な記憶が蘇ったら、すぐに楽しい記憶を思い起こせば良い。

それを繰り返していくと嫌な記憶が蘇ることが減ってゆき、いつの間にか思い出すこともなくなってゆく。

嫌であっても覚えておかなくてはいけない事実もあるかもしれないけれど、自分にとって負のエネルギーの記憶は忘れ去ることが一番である。

忘れたい記憶

A子にとって忘れたい記憶、それは2人の娘のことだった。

「最近どうしてるの?」

「娘さん元気?」

世間話のように何気に聞いた私は、余計なことを聞いてしまったと後で後悔することになる。

A子の家庭は裕福ではない。2人の娘が小さい時に離婚して母子家庭になり、女手一つでやっとの思いで成人まで育て上げた。養育費ももらわなかったらしい。

そんな母親の姿を見て育ったA子の娘はとても母親想いの優しい子であった。となれば美談の話だが、A子の娘は真逆の人間だった。

親が自分たちのに使うお金で苦労しているのを見ても、そんなことは関係ない。

高校を卒業してバイトを初めても、

「20歳になったら家計を助けるから…就職したら家計を助けるから…」

と口では良いことを言うが、いつになっても家計を助けることはなかった。

それどころか、バイト代を使い果たすと、

「次のバイト代で返すからこれを買って欲しい」

「今月は厳しいから〇万貸しておいて」

と無心し、いつしかその金額は70万を超えていた。

更には、遊びまわるお金が無くなると、A子の財布からこっそりお金を抜く。

A子は、風呂から上がると自分の財布の中のお金が少しずつ減っていることを知っていた。

就職が決まると、1人暮らしをするからと、保証金や家財道具の購入でかなりのお金を無心されたあげく、今は音信不通の絶縁状態だそうだ。

親子関係がなければ詐欺&窃盗である。

A子は、

「だからもう想いでなんて全部ないよ」

「想い出なんていらないし」

「断捨離ってすごいね、効果てきめんだよね」

って笑う。

A子は、さらにこう続けた。

「今は、もう自分が本当に娘を産んだのかさえもわからない。私が確かに育てていたんだろうけど想い出の品も何もないと、顔すら思い出さなくなるものなんだね」

A子が、親だから当たり前に注いだ愛情も、必死に働いて育てていたことも知っている。

親は無償の愛を与え、子供は当たり前に受け取り、20歳になると自分だけで生きていく事を選んだのだ。子供を育てる責任を果たしたA子が、これから先、すべてを忘れて自分の人生を新しく生きていくのも良いのではないだろうか?

自分の親との関係を顧みる

私には年老いた親がいる。でも、昔から親に経済的な負担はかけないように頑張ってきた。

何歳になっても怒られるし喧嘩もするけど、1日でも長く生きていてほしいと願っている。

成人まで育ててもらいながら親のことを考えない気持ちが理解できない。

A子の娘に会った事もあるが、私の理解を超えていた。

仕事の帰りが遅いA子が、

「ご飯だけでも焚いといて欲しい」

と頼むと、

「家事をさせられて奴隷みたいな可哀想な私」

と周りにふれまわる。

「カレー作ってみたい」

と言うのでを作らせたら、

「毎日、毎日、夜ご飯を作らされている私は可哀そう」

と周りにふれまわる。

高校生になった頃は、深夜2時まで遊びまわる友達と、

「私たちはニコイチ‼️なのに門限が9時で可哀想な私」

とふれまわっていたような子。

でも、不良にならずにすんだのはAが厳しかったからだ。

いくらA子が物事の考え方をいくら説明しても、娘はそれを理解できなかった。

歩むべき道を示してくれる人がいない今は、もしかして道を踏み外した生活を送っているのかもしれない。

20歳をすぎて家を出る時には、

「親なんて、お金がいる間だけ一緒にいただけの存在」

「お金なんて、親にいい顔をして出させればいい」

「親はお金」

と言っていた。

きっと、物事の感じ方すべてが想像できないほど、A子とは違うのだろう。

こんな人間を世間では、「サイコパス」と言うのだろうか。

DNAの半分は他人である

そんな娘さんが、結婚して子供を産み育てた時に何を思うのだろう。自分の過ちに気がつく日がくるかもしれない。

「A子に孫生まれたらひょっこり連絡して来るかもよ〜」

と言ったら、

「無理だわぁ〜もう顔すら忘れてるし、きっと今すれ違ってもわからないわ〜、顔忘れてるのに声なんかもっとわからないわ~。愛情もない娘の産んだ子は孫じゃないよ、赤の他人」

と語る。

「そういえば、A子の娘が祖父母にお金の無心に行ったみたい」

祖父母は、

「A子は私たちの娘、A子を親と思わない態度をとるのであれば、あなたたちは私たちの孫ではない。2度と現れるな」

と追い返したらしい。

A子が昔、娘2人をおんぶ&だっこで保育園に連れて行き可愛がっていた頃を思い出す。そんな想い出をA子がすべて忘れてしまいたいと思っている。

きっとそれ以外にもいろいろあったのだろう。私の軽い言葉で思い出させてしまった。

夫婦は他人だ。子供も半分は他人のDNAだ。

夫婦が離婚するように、親子関係に何も感じない子供がいることは自然なことだ。きっと相手のDNAの影響が強かったのだ。

A子はそう考え、嫌な感情を吹っ切ることができたという。

「今は子供たちのことでイライラすることがないので毎日が楽しいの」

「毎日が楽しいから、嫌なことは忘れてしまったのかな。もう考えることもなくなってしまった。だからもう大丈夫よ。」

と、彼女は笑った。

今日の学び

「嫌なことは忘れてゆく、それは自分を守るために必要なことである。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!