ライフ一覧

再婚時の養子縁組はしない方が良いと思うその理由

2016年の日本の統計では3組に1組の割合で離婚するという。再婚については、男女とも割と簡単に離婚、再婚する風潮が一般的となったため、再婚率が増えていると考えられる。同様に子連れの再婚率も増えている。再婚によって両親が揃うということは、連れ子にとっても嬉しいことだろう。

僕はそろそろ反抗期になると思うからよろしく!

思春期の不安・ストレス・不満・矛盾・自己主張など、「やり場のない思い」が、反抗的態度となってあらわれてくる。これが反抗期である。 反抗期はもう目の前に 中学生になった息子が、ある日こう切り出す。 息子「そろそろ僕は反抗期になると思うからよろしくね。」

水泳クラブのコーチと水泳選手の良好な関係

子供が水泳クラブの選手コースに入った時、毎日練習が終わるとコーチが1人になるのを見計らって寄っていったものだ。 「どこを直せば良いですか?」 「今日の練習で悪かったところを教えてください。」 自然に選手が集まるコーチ そのコーチは若い女のコーチであったが、水泳クラブ内での指導に人気があるコーチだ。

水泳大会に向けて初めての脱毛でタイム縮まる

中学生にもなると足の毛がどんどん濃く長くなってくる。 普通の生活を送っているのであれば問題ないのだが、息子は水泳選手である。 水泳クラブの高校生にもなるとみんな足の毛を処理している。 ムダ毛を処理するとタイムが縮まるという。 息子の足もそろそろ考えないといけない時期であるが、本人がなかなか気乗りしない。

水泳クラブでコーチの指導が合わないと感じるとき

子供がとある水泳クラブの選手コースに移籍して1年が経つが、コーチの指導に疑問を感じることが多くなってきた。このコーチの指導方法が合わないのかもしれない。 初めてこのクラブに体験に行った時、「この子はフォームにくせがなくて綺麗だ、体も大きいし必ず全国大会に行ける。」 と熱く語られた。

水泳選手の能力を伸ばして自己ベストを更新する方法

全てのコーチは、早い選手を育てたい、ベストを更新させたいと思うのは当たり前のことだ。自身で泳ぎこむことである程度までベストを更新することができるが、全国レベルになると確かなコーチ力が必要になってくる。コーチには早い選手を育てた実績がある良いコーチといくら努力しても選手が育たないコーチの2通りのコーチがいるのも事実である。

error: Content is protected !!