ライフ一覧

昔は泳げない子をプールの真ん中に置き去りにした

私は小学4年生になっても全然泳げなかった。 クラスの5人くらいは水泳クラブに通っており、既にメドレーを泳いでいた。 だが、私は自分が泳げるようになりたいとは思っていなかった。 4年生の夏休み 私が通っていた小学校のプールでは、夜間に親子タイムがあり水深は170cmほどあった。

交通事故に遭った時に困らないための基礎知識

世の中には、交通事故を一度も起こしたことがない、または一度も交通事故に遭ったことがないという人もいることだろう。 ある日突然交通事故に遭遇すると、何をどうして良いのか、どうなってゆくのかという不安に駆られるかもしれない。 いざという時のために、交通事故に遭遇した時に困らないための知識を持っておこう。

水泳は楽しいということを教えたら選手になった

私は子供が水泳選手として活躍することを夢見ている。 なぜ子供に水泳選手になることを勧めたのか? それは私が水泳を続けたくても続けることができなかったことが原因なのかもしれない。 だが初めは単純に泳ぐことは楽しいということを子供に味わって欲しかったのだ。

離れてわかる所属していた水泳クラブの悪評判

中学生の大会では保護者が大会役員を手伝わなければならない。何度も大会に出ていると顔見知りの保護者が増えてゆき、学校のクラブや水泳クラブのことなどの情報を交換するようになる。所属している水泳クラブの悪い評判はなかなか聞けないが、そんな情報も行き交っている。

私が共感した水泳コーチの指導方針

子供が水泳クラブを移籍していくつかの水泳クラブを見てきたが、私が理想とする水泳選手の指導方針とは正反対のクラブであった。 しかし、最近出会ったコーチの考え方は一味違う。 今までの私の指導方針に対する疑問を全て解消してくれたのだ。

水泳のクロールでバタ足はむしろ水の抵抗を増す

水泳のクロールで速く泳ごうとすればするほど、バタ足は前に進む力に貢献しにくくなる。 こんな研究結果を筑波大と東京工業大の研究チームがまとめたという。 生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」 に論文が掲載されている。

水泳コーチに依存しない自分を作り上げることが一番の課題

水泳クラブにはいろいろなコーチがいる。 コーチに見てもらうことで選手達が期待していることはただひとつ。 「早く泳げるようになること。」 である。 子供が水泳クラブに通うようになっていろいろなコーチと出会ったが、その指導方法でいいのだろうかと疑問を感じることが多かった。

error: Content is protected !!